2008年03月30日

そうだ、KANだ!

土曜日もまるまる仕事だったわけですが、そんな中ですご〜く気になったことがありました。
それは、昼ごはんを食べにいつもの中華料理屋さんにいるときのこと。

自分的にものすごく懐かしく心に響く、絶対に聴いたことのある曲を(元PSY・SのCHAKAに似た声の)女の人がカバーしているのが、有線でかかっていたのが聞こえたのです。
間違いなく聞いたことがある曲だったので、しばらく記憶たどっていると・・・思い出しました!
そう、この曲は昔大好きで、ホントによく聴いていたKANの曲でした!

スローなメロディで、語りかけるような、言葉をものすごく強調した曲。
聴いていて、なんか普通じゃない感情が浮かんでくる気がする曲でした。


仕事を終え、帰ってきた後で嫁さんにその話をすると、

嫁「スローで心に響く曲?それってあの曲じゃないの?え〜っと、あの・・・」
私「た〜らら〜ら〜ら〜らら〜♪」
嫁「そう!それ!その曲!え〜っと、『Day By Day』だったっけ?」
私「そうだ!そういう曲名だった!」

ということで、CD庫からKANのCDを引っ張り出し、オリジナルの曲を聴いてみました。

聴き始めてすぐ思い出した。
・・・この曲、自分たちの結婚式で使った曲だった・・・
そりゃあ普通に曲を聴くのと違う感情がわきあがって当然ですね・・・(^^ゞ


この曲が入っている「TOKYOMAN」というアルバム。
本当に名盤で、当時飽きることなく繰り返し聴いたっけ・・・

そういえば、何年か前に移住先のフランスから帰国して、音楽活動を再開したと聞いた気がする。
彼は今、どんな曲を作っているんだろう?すごく聴いてみたくなった。

KANは「愛は勝つ」だけしか世に知られていないけど、はっきり言ってあの曲はKANの中では異色で、名曲といえる曲は他にこれでもかというくらいにあるんです。
「Day By Day」は当然として、「死ぬまで君を離さない」「けやき通りがいろづく頃」「1989(A Ballade of Bobby&Olivia)」「永遠」「イン ザ ネイム オブ ラブ」「秋、多摩川にて」「MAN」。
そして、自伝的楽曲、「めずらしい人生」。

そのほかにも、名曲は数知れず。
世に知られていないのがあまりに惜しいアーティストです。

うん、久しぶりにCDを引っ張り出して聴いてみよう。
ちょっとすさみ気味の心に少しは潤いが戻るかもしれない(苦笑)
そしてKANの、自分が知らない新しい曲を聴いてみよう。
彼の才能に一票投じる意味でも・・・


ちなみに、中華料理屋で聞いた「Day By Day」は、誰が歌っていたのかはわかりませんでした。
残念・・・けっこういい声だったので、誰なのかすごく知りたかったんですけどね。
posted by あきやん at 02:46| Comment(4) | TrackBack(0) | Music

2008年03月17日

FMV BIBLO MG90MN

金曜日の夜中にセットアップを終え、昨日、今日と少し使ってみた感想を。

まず、見た目にシンプルでカッコイイ!
そして、キーボードがノートと思えないほど余裕があり、とても打ちやすい。
ノートパソコンの場合、ワイド画面にすることでキーボードの横幅を確保できるんですねぇ・・・

パソコンの画面がワイドである意味があるの?とか思っていましたが、ノートパソコンの場合はとても大きな意味がありますね、使ってみてはじめてわかりました。

それと、使っていて画面がワイドであることを意識することがないです。
画面の右側に常に縦のバー画面が表示されているからかもしれませんが、この縦バーもとてもいい感じです。
常にアナログの時計が表示されているというのはいいですね。

あと無線LAN。
無線LANで接続すると、回線速度が2メガ程度になってしまい、せっかくのPCの性能が生かせないので・・・やっぱり有線LANで接続することになりそうです。
有線だと40〜50メガくらいのスピードはでるので、この違いは無視できないたらーっ(汗)

なんとなく、新しいパソコンを使い始めるときのワクワク感が以前よりなくなってきているのはどうしてなんでしょう?
性能的に(以前のノートに比べれば飛躍的だけど)自作機に比べれば普通というか、驚くほど変わったわけでないからかもしれませんが・・・


初めて使ったウィンドウズビスタですが、まだ使い勝手がつかみきれていません。
コントロールパネルなど、XPと同じように表示することもできるようですが・・・なんか、古いものにしがみついているみたいでしゃくにさわるので、とにかく使って覚えていこうと思います。

posted by あきやん at 02:10| Comment(1) | TrackBack(0) | PC

2008年03月15日

のだめカンタービレ20巻

のだめカンタービレのコミックス第20巻、購入しました。

・・・この20巻、とても内容が濃いです。
話の展開が早くなり、物語のキーになりそうな曲も登場。
ひょっとすると、物語の終わりへむけての序曲とも取れなくもない重要な巻になりそうな気がします。

それぞれにこみ上げる思いを胸に、コンテストで全身全霊をこめて演奏するターニャと清良。
そして、それを目の当たりにして尋常でない刺激を受けるのだめ。

そしてもはや、「焦らないでいい」と言えないと悟る千秋は・・・?

とにかくこの巻から、ひとつの方向性が決まり、物語の展開のスピードが加速したのは確かだと思います。
巻末の予告が不吉なのがまた・・・気になって仕方ないたらーっ(汗)

つぎの21巻の発売が7月だそうで・・・すでに待ちきれない気持ちでいっぱいなんですけど(苦笑)

とりあえず、のだめの運命の曲、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を聴いてみたいですね。


個人的には、暗にのだめを誘う千秋を、ピアノしか見えないのだめが一蹴する場面にウケました(笑)
posted by あきやん at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ

2008年03月14日

届いたけど

FMVBIBLO
さすがに今日は遅いので、開封も出来ず・・・残念。
開封できるのは土曜日の夜かな?
posted by あきやん at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2008年03月10日

RD−S601レビュー

RD−S601を使ってみたここまでの感想を。

・ハイビジョン放送をSPモードで録画すると、動きのある映像だとデジタルブロックノイズがヒドイ
・だからといってマニュアルで解像度を上げて録画すると、音と映像にタイムラグが出来る(音に対して映像が遅れる)
・TSモード(ハイビジョン録画)は申し分なし
・マジックチャプター(CM自動分割)はすごく便利だけど、分割ミスも結構多い
・番組検索はやはり遅い
・番組表の表示チャンネルが選択できないのが痛い(WOWWOWとかスターチャンネルとか外せない)

など・・・ハイビジョン録画が出来ること以外、あまり良い印象を持てていません。

デジタルチューナーがついていないRD−X4に、テレビのデジタルチューナーからの出力でSPモード録画をしたときは、ブロックノイズなんてほとんど出なかったのに・・・mpeg2エンコーダーの性能の差なんでしょうか?
それに、番組検索の遅さはやはりツライ。
今はテレビの番組表と、RD−X4の番組表を使って録画番組を決めて、それをRD−S601に録画予約している状態ですね。

やはり、DVDに焼きたいようなものはRD−X4で録画しないと、ブロックノイズがひどすぎて使い物にならないようです。
それともRD−S601はTSモード録画専用にして、そこからRD−X4にダビングするか・・・そうすると、CMカットされたものがRD−X4にそのまま移ることになるのでチャプター分割の手間は省けるかもしれませんが、番組丸々ダビングするには時間がかかるし、番組タイトルを入力しなおす手間が増えてしまう。

う〜ん、なかなか完璧な使い勝手というのは得られないものですね・・・(-_-;)
posted by あきやん at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2008年03月09日

時間無い・・・

timecard0803-1.jpg
先週も相変わらず忙しくて、仕事だけで1週間が過ぎてしまいました。
ネタといえば取引先に対しての呆れだったり怒りだったり・・・そんなことくらいしかありませんね。
まぁ、そんなことは書いても専門的過ぎるんで、わからないかと(^_^;)

・・・と言いつつあえて書くなら、最近の先生方は、補綴物のことがわかってない人が多いですね。
手順がわからないのに勝手に進めて、どうにもならなくなると問題をこっちに丸投げ(-_-;)
わからないなら聞いてくれればいいのに・・・

あと、物を作る側から言わせてもらえれば、一番腹が立つのは「時間と、労力を込めて作ったものを、ぞんざいに扱われること」
作り直しをするにも、意図があってのことなら何も言う事は無いんですが・・・無駄に同じものをもう一度作れと言われてもねぇ・・・
曖昧に書きましたが、まぁここらへんでやめときましょう。
細かく書いていいなら結構ネタ満載なんですけど(苦笑)、キリが無いし、時間も無い(^_^;)

この忙しさ、今月いっぱいはどうにもなりそうにないですね〜
ホント、人が入ってくれないかなぁ・・・
posted by あきやん at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事

2008年03月02日

ノートPC購入決定!

購入を検討していたノートPC、どれにするか決定しました。

ちょっと前までヒューレット・パッカードのWeb限定モデルに注目していたのですが、実際にパソコンショップに行ってヒューレット・パッカードの売り場に行ってみると・・・Web限定モデルがないのは仕方がないにしても、置いてあるのがセンスのかけらもないビジネスモデル。
購入意欲をそがれるのに充分なインパクトのあるシロモノでした(ーー;)
まぁ、個人向けのPCはオンラインだけに力を入れるという戦略なら、なにも店頭にあんなのを陳列することないのに・・・むしろ何も置いてないほうがどれだけ良いか(苦笑)

と、いうことで注文をちゅうちょしているとき、とあるお方から素晴らしいアドバイスが!

パソコンを安く購入できるルートを教えていただき、サイトを見ていて・・・

「おぉっ!これがいいっ!」

と、あっという間に購入意欲に火がつき、土曜日に実際にそのノートPCを見て、さわってみて、購入することを決定しました。

そのノートPCはFMV Biblo MG90YN。

今は、メーカー製パソコンでもカスタムモデルってあるんですね。
長いことメーカー製パソコンに目を向けていなかったので知りませんでしたが、今ではソニーのVAIOにもカスタムモデルがあるとか・・・

価格的にはヒューレット・パッカードのものよりかなり高価なのですが、何が大きかったかというとバッテリーの駆動時間。
ヒューレット・パッカードの方は3時間程度であるのに対して、MG90YNは増設用バッテリーを含めれば8時間。
講習会などでメモの代わりにPCを使うことがある自分としては、3時間しか持たないのはかなりツライ、ということは今までのノートPC(Sharp Mebius MP40H)でわかっていたので、駆動時間8時間はかなり嬉しい機能だったのです。

そして今日、オンラインでの注文が完了しました。

仕様は

OS:WindowsVistaHomePremium
CPU:インテル® Core™2 Duo プロセッサー T7250(標準)
メモリ:2GB(1GB増設)
HDD:200GB(標準は80GB)
バッテリー:増設用バッテリーを追加

といったところ。

カスタムモデルなので、商品の到着までは2週間ほどかかるそうです。
楽しみだ・・・はやく使ってみたいな〜
posted by あきやん at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | PC

北高同窓会

昨日は、今はなき母校の大泉北高校の同窓会でした。

卒業してから20年、みんなどんなに変わっているんだろうと思いながらいましたが・・・(笑)
女性陣は、みな良い感じに歳を重ねている人が多かったですね。
男性陣は自分を含めて体型がふっくらとした人が多かったですがA(^_^;)

さすがに20年のタイムラグは大きく、記憶の中にある昔のイメージと、現在目の前にいる人とのすりあわせの連続で・・・それがなかなか楽しかったですね。

中には16年前に会った時の話をそのまんま覚えていたひとがいて驚かされたり、どこでどう見つけたのか、私のホームページを見つけたという人がいたり(これはかなり驚いた)。

考えてみると、高校時代の自分って、女性とほとんど話をしなかったなぁ・・・
出席者の女性のうち、話をしたことがあった人ってバスケ部がらみの人くらいで、同じクラスの人でさえ話をした記憶がなかった。
卒業以来というより、はじめて言葉を交わした人のなんと多いことか(苦笑)

本当に懐かしく、楽しいひと時でした。

人数的にもどのくらいになるかわからない中での場所の確保など、幹事さんは大変だっただろうと思います。
本当にご苦労様でしたm(__)m

2年後にはまた同窓会をやろうという話になったようなので、そのときを楽しみにしています。
posted by あきやん at 20:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常日記