2009年11月28日

のだめカンタービレ23巻

のだめ23巻

のだめカンタービレの最終巻となる、23巻を購入して、読みました。

・・・正直、残念な終わり方でした(-_-;)
23巻で終わりと知ったときの不安が、まんまと的中。

最初に読んだ印象としては、バタバタと問題片付けて、ハイッ、さようなら!って感じをうけました。

何度も読み返すと、確かに色々なことに決着はついているし、作者が言いたかったこともちゃんと伝わってはくるけど・・・
もうちょっとひとつひとつ、しっかりと描いて欲しかったな・・・と思いました。

何より消化不良な感じがするのが、結局千秋との共演が無いまま終わってしまったこと。
あれで終わりじゃ、のだめのピアニストとしての最後の見せ場がシュトレーゼマンとのコンチェルトになってしまうのでは?

どうやら、コミック1冊分くらいの番外編が描かれるらしいので、そちらで実現してくれるといいですけどね。
でもそうなると、ここで一旦本編を終わらせる意味がわからなくなってしまうし・・・
この終わりかただと、いくらでも続編が作れそうな感じがします。

ただ、実写版の「のだめカンタービレ最終楽章」では、このまんまの終わりかたには出来ないような気がしますね。
最後がサラッと終わりすぎていて、映画としては盛り上がりに欠けてしまう気がするので・・・

この際、最後のシナリオをガラッと変えて、最高に盛り上がったところでフィナーレを迎えるようにして欲しいですね〜!
せっかくここまで世に知られるようになった「のだめカンタービレ」が、映画まであの終わり方では寂しすぎます・・・(-_-;)
posted by あきやん at 18:35| Comment(3) | TrackBack(1) | のだめカンタービレ

2009年11月21日

劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜

マクロスF劇場版

今日から公開の「劇場版マクロスF虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」を観に行ってきました。
生まれて初めて、いてもたってもいられなくてロードショー初日に映画を観に行きましたよ映画

午前中の情報では、池袋や新宿では今日中に観ることができないんじゃないかという盛況ぶりのようだったので、1時間以上早くユナイテッドシネマとしまえんに到着。
それでも最前列かサイドの席しか空いておらず、一番後ろの右側の席を選びました。
さすがに公開初日だけあって、ほぼ満席でしたね〜


さて、いきなりですが見終わって・・・しばし放心状態。
本当に、なんと言っていいかわからないくらいスゴイ映画になっていました。

テレビ版の絵をある程度使って、ニューテイクを追加しての総集編的なものになるのかと思っていましたが、とんでもなく認識が甘かったあせあせ(飛び散る汗)

舞台設定、キャラクター設定などはテレビ版と大きくは違わないものの、ストーリー的には、テレビ版とは8割方違っていると思います。
テレビ版を観ていた人でも、少しも退屈することなく最後まで観られることは間違いありません。
おそらく「完結編」はほぼ全てがニューテイク、オリジナルストーリーになるのではないでしょうか・・・A(^_^;)

初めて観る人にもわかるように作られているとは思いますが、マクロスの世界観の説明は少ししかなく当然のように物語が進むので、一度観ただけではわかりにくいかもしれませんね・・・
ただ、そこを無視して表面上のストーリーを追っただけでも、充分に楽しめる作品になっているとは思います。

正直、前半にこれだけスゴイものを作ってしまったら、後半さらにこの上を行くものを作りあげるって大変なことなんじゃないか?って心配になるくらい凄かったです。
とにかく凄かった・・・シェリルのステージも、戦闘シーンも。
観ている途中、体温が異常に上がっている感じを自覚するくらい興奮している自分がいたことに驚きました・・・


ある意味この「マクロスフロンティア」、アニメーションの究極の形の一つを完成させた、歴史的な作品になったんじゃないかという感慨すら覚えましたね・・・
おそらくこの映画を20年後、30年後に観たとしても、古さを感じることは無いでしょう。

前売り券で1300円で観てしまって申し訳ない気持ちにすらなりましたよ・・・

おそらく完結編が公開される前にブルーレイが発売されると思うので、即購入するつもりです。
完結編へむけての伏線と思われるところも散りばめられていたし、何度か見直すことでようやくわかるところも多いと思うし、これだけのものを作ってもらったなら、一生の宝物として手元に置いておきたい!

この作品に関心のある人は、とりあえず一度は劇場で観ておいた方がいいんじゃないか、という気はしますね〜!
あの戦闘シーンの迫力は、大画面と大音響でないとなかなか出ないと思うので・・・

座席の選択のとき、「首が痛くなるのは嫌だなぁ」とか思って後ろの右サイドの席を選んでしまいましたが、こんなにスゴイものを見せてもらえるんだったら、首が痛かろうがなんだろうが、音響的にも映像的にも、100%没頭できるところで観ればよかったと後悔すらしています。

いやぁ・・・
これだけの作品を、もう一度新鮮な気持ちで見られると思うと、完結編「劇場版マクロスF完結編〜サヨナラノツバサ〜」の公開が待ち遠しくて仕方ありません。

それまでは絶対に死ねないと思ったりして(苦笑)


この映画の場合、テレビ版を観ている人には特に、内容的な情報ができるだけ少ないほうが良いだろうと思って、内容についてはあまり触れない日記にしておきました。

ホントはぜ〜んぶ書いちゃいたいですけどね〜ぴかぴか(新しい)
posted by あきやん at 22:38| Comment(2) | TrackBack(1) | Movie

2009年11月14日

完治・・・?

今日、3週間ぶりに整形外科に行ってきました。

先生が言うには、「もう大丈夫です。今日で最後でいいですよ」
ということだったのですが・・・

レントゲンを見てみると、骨の上の部分は完全にくっついているものの、下半分はとがった骨がそのまま残っているような感じになっていました。
まあ、くっついている部分が骨1本分くらいの太さにはなっているので問題はないのでしょうが。


一応医師に「完治」のお墨付きを頂いたので、鎖骨を気にすることは一切やめようと思います。
とはいっても、唯一気をつけていたところといえば、上半身の筋トレをやらないようにしていたことくらいなんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

結局、完治するまでに3ヶ月かかってしまいました。
自分の意識としては1ヶ月くらいしか「骨が折れている」という認識はなく、それ以降はほぼ普通どおりの生活をしていたのですが(苦笑)
一応、最初に診てくれた先生の見立ては正しかったということですね。

人生初の骨折生活は、意外なほどに不自由も、痛みもないものでした。
本当に、幸運だったとしか言いようがないですね・・・

とはいえ、次も幸運に恵まれるという保障はどこにもないので、可能な限りケガをしないように気をつけようと思います。
posted by あきやん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2009年11月08日

練習

今日は師匠とボウリングの練習をしました。

今、自分としてはボールを持たないシャドウボウリングで作ったイメージのフォームを、数少ないボールを持った練習ですり合わせていく、といった感じでボウリングをしている状態なのですが・・・

フォームを撮影して確認したりは全くしていないので、思い描いているイメージと、実際にどう投げているのかの客観的な違いと、問題点についてはなかなか自分自身ではわからないものなのです。

しかしながら、さすがにボウリングを1から教えていただいた、全幅の信頼を置く方にアドバイスをいただくと、そこを意識しただけで格段に自分のイメージに近づく感じがして、今まで感じたことが無いくらいの好感触で投げることができるようになりました。

・・・とはいえ、その感触を常に再現できないのがもどかしいところ(苦笑)

ただ、練習としては久しぶりに、とても内容の濃い練習をすることができました。


それと先日購入した、kbtさんと同じの全く滑らないギザギザソールを使ってみたのですが、全く違和感はありませんでした。
かえって、しっかり止まってから投げられる分、換える前よりも感じとしては良かったですね〜


今のトミコシでは、ハンデがあったとしても打ち切れる実力が無ければ上位に食い込むことが不可能な状態になっているので、ゲーム数とかハンデとか、結果は一切考えず、あせらずに自分のボウリングを作りあげていきたいと思っています。

まぁ、自分が思うように投げられるようになったとしても、上位に食い込むことは不可能なくらい、今のトミコシのレベルは高すぎますけどねあせあせ(飛び散る汗)
posted by あきやん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Bowling

2009年11月07日

骨折後初バスケ

バスケ

土曜日の午前中、早い時間であればあいているだろうと、9時半頃には公園に到着。
骨折が治ってから4度目のチャレンジにして、ようやくバスケットゴールにありつけました(?)

バスケをやるのは3ヶ月ぶりくらいだったのですが・・・たいして動いていないのにあっという間にバテました(苦笑)

やはり、ジョギングとかで体力的には鍛えていると思っていても、その競技自体をやっていないとつかない体力というものがあると痛感しましたね。
これは、ボウリングを久々にやったときにも感じたことですがA(^_^;)

最近は土曜日に休めることが増えてきたので、午前中を狙っていってみようと思っています。

あ、でも、来週は整形外科に鎖骨の最終チェックに行かなきゃならなかったんだっけ・・・たらーっ(汗)
posted by あきやん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | training

2009年11月04日

体育の日?

浮間公園

今日は、普段のウィークデーよりも早く起き、早く家を出て、バスケをやりにいきました。

・・・しかし・・・
8時半に着いた公園には、バスケットボールを持った少年たちが群がっておりましたたらーっ(汗)
この時間に来てもゴールが空いていないとなると、休日にバスケをやることは期待しないほうがいいかもしれませんね。

いつからバスケってこんな人気スポーツになったんだろう?
骨折がほぼ治って以降、3回ボールを持って公園に行きながら、すべてゴールが使われていて・・・仕方なく走ったり、ドリブル、ハンドリングの練習などをして帰宅(-_-;)

まぁ、バスケをする子供が多いというのは悪いことではないですけど・・・


帰宅後、整骨院に予約の電話。
施術をしてもらいながら、前回の時よりも筋肉が硬直化していないことを感じました。
前よりはずいぶん良くなっている気がしますね。


夕方。
あまりに天気が良く空気が澄んでいたので、じっとしていられずにジョギングに出発。
今日はいつもとコースを変えて、浮間公園の方に行ってみました。

ここは、ジョギングコースが水辺ということもあり、走っていてとても気持ちがいいです。
アスファルトじゃないというのも足に優しくてうれしいですね。

サギやカモなどがのんびりとしている姿を眺めながら走っていると、疲れなどほとんど感じません。
結局2周半しました。

浮間公園から荒川の河川敷に登ると、夕日とともに富士山が見えました。
富士山

富士山を眺めながら河川敷を走り、自宅に近づいたところでちょうど陽が落ちてきて、水平線近くにまん丸い月が!
満月
今日はちょうど満月だったんですね〜


夜、練習がてらボウリングの大会に参加。
実際にボールを持っての練習をほとんどしていないことを考えれば、思ったよりもちゃんと投げられました。

夕方にあらかじめ足を動かしていたせいか、ステップで滞ることが無かったのが良かったかもしれません。
まぁしばらくは、ハンデがつかない程度のゲーム数(月15ゲームより少なく)くらい、練習がてら大会にも出てみようと思っています。


今日は文化の日にもかかわらず、体を動かすことばかりしていた1日でしたねA(^_^;)

いやぁ、それにしても思うように足が動くって素晴らしい・・・
うまく足が動かないのは鍛え方が足りないからだと思っていましたが、筋肉の疲労を除いてやるだけでこれだけ動くようになってしまうとは驚きです。

少しずつでも、いろいろなことが何とかなりそうな感触を得た1日でした。
posted by あきやん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | training

2009年11月02日

整骨院通い

ここしばらく、ジョギングする上で問題がありました。
それは、走り始めてすぐ、両足のすねの外側の筋肉に痛みが走り、その痛みがひざにまで広がってきて長く走り続けることができない、ということ。

体力的には余力があるのに、痛くて走っていられない・・・しかも、それが段々ひどくなっていく気がしていました。

さすがにこれはどうにかしなくちゃならないだろうと思って、ネットで近場の整体院を探っていたのですが、どこが良いのかさっぱりわからない。

散々悩んだあげく行ってみることを決めたのは、ちょっと離れたところにある大型ショッピングモールにある整骨院でした。
先週末に始めて行き、今週末にも行ってきました。
(実は恥ずかしながら、行ってみた後にはじめて、整体と整骨院とには全く相容れない違いがあることを知りました)

・・・たしかに、効果があるようです。

今まで、どうも足の筋肉がうまく動いてくれない感じがあって、ひどいときには走っているときに柔らかく着地することができずに、バタバタとした走り方になったりしていたのが、今日(日曜日)に走っているときにはあまり痛みも無く、かなり順調に走り続けることができるようになっていました。

いつもタイムトライアルをする赤塚公園1周1060mのコースを、初めて5分ジャストで走りきることができました。
これまでは、だいたい5分半くらいはかかっていたのですが(苦笑)
純粋に体力的な問題でこのタイムにしかならなかった感じですね。
この調子で走り続けることができれば、まだまだ縮められそうな感じがします。


しかし、これほどまでに違いがあるとは・・・
しかも、ひざに痛みがあるということで健康保険が適用されるため、料金的にはかなり格安。

施術をしてもらいながら、

「う〜ん、かなり疲労をため込んでいますね・・・下半身の筋肉が硬直化していますよ」

と言われ、
「確かに、筋肉に(マッサージしてもらっている指が)ガツッとぶつかっている感じがありありとわかるA(^_^;)」
と思うほどひどい状態だったようです(苦笑)


しばらく、定期的に通ってみようと思います。
ひょっとすると、やめられなくなる予感も・・・
posted by あきやん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記