2010年11月23日

六義園の紅葉

DSCN12850002.JPG

先週には浜離宮恩賜庭園にも行ってきて、けっこう気持ちが良いものだと思ったので、味をしめて今日は六義園に紅葉を見に行ってきました。

六義園にはまだ明るいうちに入ったのですが、六義園は夜の紅葉ライトアップが有名らしく、暗くなるにつれて人がどんどん増えていき、完全に暗くなったころには池の周りは歩くのが難しいくらいの人だかりでしたねあせあせ(飛び散る汗)

先週の浜離宮でも思ったのですが、西洋系外国人の人がとても多い!
日本庭園に興味を持つ外国人の方が増えているんでしょうかねぇ?
外国人の人にとって紅葉ってただの「枯れた木」にしか見えないものだといわれていた気がしますが・・・

DSCN12810002.JPG

写真を撮っていると、やはり嫁さんのカメラとの比較になってしまうのですが、嫁さんのカメラで撮影したものの方が、赤が鮮やかに写るみたいです。
カメラの液晶モニターの性能も違うようで、撮ってすぐ見た感じでは自分の方の写真はものすごく地味に見えて、写真を撮ろうって気持ちがだんだん落ちてきますね(苦笑)

あたりが暗くなってから、二つのカメラで、同じようなアングルを夜景モードで撮影してみました。
DSCN13340002.JPG
こちらが私のニコン クールピクスS10での撮影。
DSC003730001.JPG
こちらが嫁さんのソニー DSC−WX5での撮影。

もうひとつ。

DSCN13620002.JPG
こちらがニコン。

DSC004040002.JPG
こちらがソニー、ですね。

夜景モードで撮影すると特に、ニコンの方がぼやけた感じになってしまいますね。
できれば三脚を使って撮影してみたかったのですが、残念ながらライトアップ時は三脚の使用が禁止、ということなので・・・
今考えてみれば、三脚を広げないで、一脚として使えば良かったかもしれません。

ひととおり歩いたあと、さて帰ろうかと六義園の出入り口のほうに向かうと・・・そこには、これから入場しようという人々の大行列ができていました。

うわ・・・今まででも充分激混みだったのに、こんなに人が入ったら身動きが取れないんじゃないか?
と思うくらいでしたね。

皆さん、かな〜りいいカメラを持っている人が多かったですよ。
コンデジカメラだとちょっと恥ずかしくなるくらいA(^_^;)
posted by あきやん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2010年11月22日

今の写真はウソをつく

「写真はウソをつかない」

以前はそんなことを言われたようですが、今の時代、そんなことは言えないと実感しました。

先日、嫁さんのデジカメ(SONY DSC-W50)があまりにボロボロだったので、デジカメ特集だった「家電批評」という雑誌を購入してきたところから話は始まりました。

「家電批評」という雑誌は、メーカーとの関係からあまり批判的なことは書けないはずの出版業界のなかで、かなり辛口な批評を載せるということで信用を得てきた、創刊1年になる新しい雑誌です。

その雑誌の中で、嫁さんが使えるであろうコンパクトデジカメの中で、ソニーのDSC-WX5がイチオシとして薦めていました。
この機種には「インテリジェントオートモード」という機能があり、それはほぼ同時に6枚もの写真を撮影し、その中からブレやノイズの無い部分を合成して写真にする、というもの。
その他にもレビューを読んでいると、「これを買っておけば間違いないな」と思えるシロモノでした。

ただ、買うとしても自分のものではないので、「これが良いらしいよ〜」くらいな感じで嫁さんに紹介したくらいのものでした。

それほど購入意欲が沸いたようにも見えなかったのですが、ちょっと時間が空いたから、デジカメ見に行ってみる?くらいな気持ちで近所のコジマに行ったところ、その場で購入することになってしまいました!
正直、あまりに展開が速くて驚くばかりA(^_^;)

で、先週、丸の内の方に行く機会があり、以前ミレナリオをやっていた通りで写真を撮ってみたのですが・・・

DSCN12720001.JPG
これが私のデジカメ、ニコンのCOOLPIX S10で撮影したもの。
実際に目で見た感じと、ほとんど変わりません。

DSC002430001.JPG
こちらが、ソニーのDSC−WX5で撮影したもの。
ほとんど同じアングルからの撮影なのに、全く別の写真になってしまいました。

・・・というか、実際に目で見たとき、こんな光量全くありませんでしたから〜!!

でも、写真としては明らかに嫁さんのカメラの方が綺麗に見えるんですよね。
この写真を見せられたとき、即刻自分のカメラで写真をとる気が100%失せました(苦笑)

ホント、今のカメラは、ウソついてでも、綺麗に写してナンボ、というところまで来てしまっているのかな〜、と思いましたね。
posted by あきやん at 01:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常日記

2010年11月21日

実家の自作PCが壊れた

先週の日曜日に、父から実家にある自作PCがまともに動かなくなったと連絡がありました。
起動しても立ち上がらなかったり、立ち上がっても数分で動かなくなってしまったり、という症状とのこと。
その時点では、きっとウィンドウズを再インストールすればどうにかなるだろうと思っていて、土曜日に実家に行きました。

実際にいじってみると、まず、BIOSにエラーが出ていて、ウィンドウズビスタが立ち上がりませんでした。
早速BIOSに入り、デフォルトの設定に戻して、リブート。
ウィンドウズが立ち上がり、普通に使えそうな感じに立ち上がりました。
しかし、しばらくいじっていると、画面はそのまま凍りつき、何をやっても反応しなくなってしまい・・・やはり、ウィンドウズの再インストールしかないだろうと考えました。

強制終了して、もう一度立ち上げなおしてみると、かなり深刻な状況であることに気がつきました。
エクスプローラーを立ち上げようとすると、ウィンドウズがフリーズしてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)
問題なのは、父が撮影した写真が、バックアップをとらないまま6ギガくらいハードディスクに残されたままになっているということです。
これをバックアップを取らずに再インストールすることは絶対に出来ない!!

エクスプローラーを使わずにファイルをバックアップする方法・・・
かなり試行錯誤した末、どうやらインストールされているROXIOのイージーメディアクリエーターは生きていることがわかったので、試しにDVD−Rに書き出してみたところ、これが成功!
無事、写真データと、取り込んであった音楽のデータのバックアップをとることが出来ました。

よし、それじゃ再インストールに移ろうと思って、ウィンドウズビスタのインストールディスクを入れたのですが・・・自動再生で立ち上がってもくれないし、BIOSでブートドライブをDVDドライブに変更してもなぜかインストールに入ってくれないたらーっ(汗)
何度も何度も繰り返すうちに、なんとかインストールに入ることができ、インストールを完了。
セキュリティソフトを入れ、使うアプリをインストールして、ようやく使えるようになりました。
これで終了、土曜日は自宅に帰宅しました。結局1日仕事A(^_^;)


ところが帰宅後、父からまた動かなくなったと連絡がありました。
ということは、ウィンドウズのシステムの問題ではなかった、ということですね。
想定されるところとすれば、内蔵ハードディスクにエラーがあるか、接続しているシリアルATAのケーブルに何らかの問題があるか、というところ。

そして日曜日、PCデポで内臓ハードディスクとシリアルATA接続ケーブルを購入し、実家へ。
着いてすぐ、内臓ハードディスクを購入していった日立製500GB7200rpmのものに交換し、早速ウィンドウズをインストール。
一通りインストール作業が終了し、使用環境を整えようかな〜、と思ったところ・・・
なぜか、昨日と同じようにエクスプローラーを立ち上げようとするとフリーズ!?

その時点で頭の中はパニック!
原因はハードディスクじゃなかった!?
それじゃあ、あとできることは・・・
シリアルATAのケーブルを変えることと、マザーボードのCR2032電池を交換することくらいか・・・?
そう考え、ボタン電池を買いに行き、帰宅後交換。
しかしながら、問題は解決しませんでした。

それでもだめか・・・他にできることは・・・マザーボードにハードディスクを接続するシリアルATAポートを変えてみることくらいしか・・・はっきり言って、打つことのできる最後の手だと思ってやってみました。

BIOSに入り、起動ドライブの接続ポートの設定を変更し、起動してみると・・・
「このウィンドウズは、正規のものでない可能性があります」との表示が。
認証しなおすことを求められたわけなのですが、この自作PCのインターネットへの接続形式は、無線LAN用PCIボードを入れてルーターに接続する、という形式だったので、ドライバーをインストールしないとインターネットに接続できないのです。
そしてさらに、無線LANボードに付属していたCDにはウィンドウズビスタ用のドライバーが入っていなかったため、もう1台あるノートパソコンを使ってメーカーのサイトからダウンロードしたものを、USBメモリーに移してあっただけ。
どうやって認証をすりゃいいっていうのか・・・(ーー;)

仕方なく、初めてマイクロソフトの自動電話を使って認証をしましたよ。
いやぁ〜、面倒くさい。二度とやりたくないですね(苦笑)

認証が終わり、立ち上げなおしてみると・・・どうやら、問題なく動いているようです。
何度立ち上げなおしてもトラブルが起きるような気配も無いので、セキュリティソフトを入れ、バックアップしていたデータを戻し、以前使っていたときの環境を整え、ウィンドウズアップデートを実行。

そこまでやったころにはすっかり夜になってしまい、膨大なウィンドウズアップデートを全てこなすことはできないままになってしまったのですが、とりあえず使うことには困らないところまでは構築することができたので、今日のところはそこで満足して帰宅しました。


まだ確実に直ったと言い切れないところではあるのですが、現在の時点で問題が解決したと仮定するなら・・・こんなこともあるのか、というのが正直な感想です。
シリアルATAのポートが不具合を起こすなんて、想像だにしませんでしたよ。
そこを試してみてダメだったら、マザーボードを交換するしかないと思っていたので、正直助かったな〜、と思いますね。
まぁ、最近外したCPU(Phenom2 X4 940BE)が余っているので、マザーボードを交換するとなればそれを使うことにしたでしょうから、それはそれで相当使い勝手は良くなるとは思うのですが。
ただ、ゼロから組むとなるとやはり自宅で集中して作業をしたくなるんですよね〜

とりあえず、今のまま無事に動き続けてくれるといいな〜ぴかぴか(新しい)

明日は兄が実家に行く予定があるようなので、途中になってしまったウィンドウズアップデートを済ませてくれたら嬉しいんですけど(笑)
posted by あきやん at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | PC

2010年11月14日

浜離宮恩賜庭園

DSCN12550002.JPG
今日は浜離宮恩賜庭園に行ってみました。
穏やかな日和で、散策していて気持ちが良かったですね〜

DSCN12610001.JPG
この日はほとんど風がなかったので、水面に映る景色をとてもキレイに見ることができました。

DSCN12630001.JPG
右側に、ポヤッと歩く誰かさんがいます(笑)

DSCN12680001.JPG
中央に見えるのは、東京タワーです。
夕焼けがもっとキレイに色づいてくれれば、いい写真になったかもしれません。

浜離宮恩賜庭園は、紅葉する木がそう多くはないですね。

DSC001180001.JPG
庭園の中に、ネコがいました。
人に慣れているようで、手を出すと擦り寄ってきてかわいかったです揺れるハート
最初嫁さんがさわっていて、途中から私が撫でていたのですが、振り返ったネコが、撫でている人が違っていることに気がついて、「ビクッ!猫」と、素で驚いていたのには笑いましたね〜

職場に来るネコたちも、これくらい人に慣れてくれればもっとかわいいのにな〜
posted by あきやん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2010年11月06日

CPU&電源交換完了

20101106.jpg
今日、無事CPUと電源ユニットの交換が終了しました。

どういうわけか先週まではあったはずの、GIGABITE GA-MA780G-UD3Hのサポートページが無くなっていて、ギガバイトマザーボード付属のBIOSアップデートソフト「@BIOS」で検索をかけてもX6 1090Tに対応したバージョンのBIOSが見当たらなかったのでちょっとあせりましたが、台湾のサイトにアクセスして、文字が読めないながらもなんとか「バージョンF6b」のBIOSをダウンロードし、ファイルから直接BIOSをアップデートすることで、ようやく購入してきたCPUを導入する環境が整いました。

CPUとCPUクーラーのセットはもちろん問題なく、電源ももれなく接続。
ただ、、電源ユニットが今までのものよりも大きいので、ケースの部品まで外さないと入らない、という想定外の事態はありましたが、思っていたよりも時間もかからず、トラブルも起こらずに作業が終了して良かったです。
実際に動かしてみないと確認のしようが無い電源のファンの音も、今までのものよりもはるかに静かで安心しました。

最近極端に遅くなって、ストレスを感じながら使っていた自作機が、完全によみがえりました!
トラブルが出る前と比べて何かが極端に早くなったという感じはしませんが、重いアプリケーションをいくつもマルチタスクで起動しても、CPUメーターは100%まで行かないし、動作が遅くなったりもしません。
これがシックスコアの実力なのかな〜ぴかぴか(新しい)

また当分は、快適なPC生活を送れそうでするんるん
posted by あきやん at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | PC

2010年11月05日

AMD PhenomU X6 1090T BE購入

結局、秋葉原に行ってCPUと電源を購入してきちゃいました。

ソフマップの店頭に、電源ユニットのワット数の目安が張り出されていたのですが、高性能CPUを使ったハイスペックPCの場合、

CPU125W+マザーボード30W+グラフィックボード250W(スペックによる)+ハードディスク30W(×台数)+ドライブ30W(×台数)

の総ワット数の1.5〜2倍くらい必要だそうです。

うちの場合、
CPU125W+マザー30W+グラボ(おそらく)150W程度+HDD(×5)150W+ドライブ(×2)60W=515W

すでにうちのPCに入っている定格500Wの容量を超えていますあせあせ(飛び散る汗)
いずれにしろ、電源はグレードアップしなきゃならない状態ではあったみたいですA(^_^;)

購入してきた電源は、シルバーストーンのストライダープラスST85F−P850W
とりあえず、これだけあれば当面はしのげるかと。

あとやはり、CPUも購入してきちゃいました。

AMD PhenomU X6 1090Tブラックエディション

現時点で、AMDから発売されているデスクトップ用CPUでは最高性能を誇る一品です。

これまで使っているPhenomU X4 940BEのソケットはAM2+で、購入してきたX6 1090TBEはAM3とは規格が違うのですが、そこはAMD系の強み。
マザーボードのBIOSをバージョンアップすれば、本来AM2+のソケットで、メモリーもDDR2が刺さっているものであったとしても、AM3ソケット&DDR3メモリーを前提に作られているCPUがそのまま使用することが出来るのです。

正直、マザーボードから買い換えてしまおうかとも思ったのですが、すべてを組み替えるのも面倒ではあるので、とりあえず費用対効果が一番大きくて、手間のかからないところだけを変えてみようかと思いました。

ただ、購入はしてきたものの、ある程度時間が取れるタイミングでないと泥沼にはまる危険性があるので、導入するのは週末にしようと思っています。

どれだけ体感速度が上がるのか、今から楽しみです。
願わくば、トラブルが出ないことを祈りつつ週末を待ちます・・・
posted by あきやん at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年11月03日

自作機が不調

ここ最近、どういうわけだか自作機が不調です。

TVキャプチャーボードが無圧縮でしか録画できないため、ハードディスクが足りなくなってしまったので、2TBのハードディスクを追加したあたりから「なんか変だ」と思っていたのですが、最近になってPCの動作自体が極端に遅くなり、以前はウィンドウをいくつ開いても100%とかにはほとんどなることが無かったCPUメーターが、ブラウザをひとつ開くだけでも振り切れるようになってきました。

考えられることと言えば、今入っている500Wの電源では足りなくなってしまった、ということくらいですかねぇ
たしかに、電源供給が必要なグラボを入れながら、ハードディスクを5台も入れていれば無理は無いかもしれませんがA(^_^;)

とはいえ、ほかに原因はないか
と思って色々と調べていたのですが・・・
わけがわからないことが判明しました。
PhenomUX4の4つあるコアのうち、どうやら1つしか働いていないようなのです。
最初にベンチマークの結果が出たときはさすがに驚きましたがA(^_^;)

これも電源のせいなんだろうか・・・?

とはいえ、電源だけ買いなおして回復しないとなると、さらにCPUを買いに行かないといけなくなるので、CPUも一緒に買い換えちゃおうかという気にも。
今ではPhenomUX6 1090Tが2万2千円で購入できちゃうんですよね〜
それだけの投資で現状AMDで最高のCPUが手に入れられると思うと・・・さすがに欲しくなりますねぴかぴか(新しい)

自分のPCが遅いと感じることに対して、これほど我慢ができなくなっているということに自分ながら驚いてしまいますがあせあせ(飛び散る汗)

組みなおすことになったら、また大変だなぁ・・・
posted by あきやん at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC