2011年02月27日

劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜

macrossfrontier.jpg

今日から公開の映画、「劇場版マクロスフロンティア完結編〜サヨナラノツバサ〜」を観てきました。
前編、〜イツワリノウタヒメ〜を観にいった時の教訓を生かし、上映の2時間近く前にユナイテッドシネマとしまえんに到着。
・・・したのですが、中段の右端の席か、前の2列しか空いていませんでしたたらーっ(汗)
前回の時も同じような状況で、後ろの席を選んで後悔したので、今回は迷わず真ん中の2列目の席を選択。
これは、本当に正解でした。
首が痛くなるなんて事は全く無かったし、視界の中に画面しかないので、映画の世界の中に完全に入り込むことができました。

もう、本当に物語の中に引き込まれて、ジュースを買って入ったのに、ほとんど手をつけることなく映画が終わってしまいましたよ。
映画の半ばから、常に連発花火が上がりっぱなし状態爆弾

まさに息つく暇も無い(苦笑)
ストーリー的にも、恐ろしく展開が速いのでアタマの方もフル回転あせあせ(飛び散る汗)

もう、この映画、予想してはいたこととはいえ、テレビ版のマクロスフロンティアとは全くの別物です。
この映画に関しては、テレビ版を見た人には特に、できるだけ予備知識を入れることなく見たほうが絶対に楽しめると思うので、ネタバレにならないように気をつけて書かないといけないのが難しいところですがA(^_^;)


前編を観にいったときに、「こんなにスゴイ映画を作って、これを超えるものなんて作れるんだろうか?」なんて思ったりもしましたが、そんなこと、考えること自体が監督、スタッフの皆さんに対して失礼にあたるくらい、はるかに超越した映画を観させていただきました。


マクロスの三大要素といえば、歌、戦闘、そして三角関係。

〜サヨナラノツバサ〜で使われた歌、どんだけあったかわからないくらいすごい曲数でした。
3月9日に、この映画のオリジナルサウンドトラック「劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”」というアルバムが発売されるのですが、その収録曲はまだ発表されていません。

・・・見終わって、アルバムタイトルにもなっている「netabare」の意味も、曲目が発表されない理由もよ〜くわかりました(笑)
新曲も6曲あって、どれもそれぞれのシーンに見事にハマるように作られているのがスゴイですね。
歌詞の内容が、ちょうどシーンにシンクロしたりして、それがさらに見ている側の感情を盛り上げていくように、物語、音楽両面から練り上げられて作られているのがよくわかります。


戦闘シーンに関しては、前作〜イツワリノウタヒメ〜も凄かったのですが、それをさらに超える、恐ろしくすごいものでした。
情報量が多すぎて、1回流してみただけでは何が起こっているのか半分も理解できていないんだろうな、と思いますね。

今回の映画で始めて登場するバルキリー、「YF−29 デュランダル」も、基本はVF−25を元にデザインされているのですが、マクロスプラス、マクロス7を髣髴とさせる前進翼がまたカッコいいんですよ!!
あれだけ複雑なメカデザインなのに、プラモデルにしても完全に変形するなんて信じられない(苦笑)

macrossfrontier2.jpg

このバルキリーの存在が、テレビ版とは全く違うストーリー展開につながっていきます。

そして三角関係。
これには、ちゃんと決着がつきます。
テレビ版ではシェリルとランカの間をフラフラしていて批判を浴びたアルトですが、この映画版では男らしくはっきりと決着をつけてくれました。

まぁ、ここらへんまでは事前に情報として出ていた部分でもあるので、ネタバレとまではいかないでしょうA(^_^;)

映画を前編、後編とも観て感じることは、メインの3人がテレビ版に比べてすごく大人だな〜、ってところですね。
特にアルト。
歴代マクロスの主人公の中でも、これほど活躍した主人公はいないでしょう。
テレビ版ではヘタレ扱いだったのがウソのようです(笑)
見事な女装も見せてますけどね(笑)


良いところばかり言いましたが、この映画、物語を通してみれば突っ込みどころは山ほどあります。
シーンの前後の整合性とか言い始めると、疑問符がつくところだらけです。

それでもこの映画は、そんなことはどうでもよくなるくらい面白かった!
超絶的な映像美、映像と相まって物語を盛り上げる音楽、歌。そして人間模様。
エンターテインメントとして、これほど挑戦的な作品も無かったんじゃないかと思います。

この「サヨナラノツバサ」で、マクロスシリーズは完結、ということのようですが、初代マクロスから(かなり飛び飛びではあったけど)29年、本当に楽しませてもらったな〜、と思いました。

初代マクロスを観ていた中学生当時、よもやこんな凄い映画となって完結することになるとは夢にも思わなかったですけどねA(^_^;)

いやぁ、本当に素晴らしい映画でした!
これだけ楽しませていただいた河森正治監督、スタッフの皆さんに感謝したいと思います。

最後に、ネタバレになる可能性があるので、作品の感想は追記の方で・・・
(もちろん、完全なネタバレはしませんが)

続きを読む
posted by あきやん at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie

2011年02月22日

SING LIKE TALKING、再始動!

今日、いつも仕事中に聞いているラジオ、文化放送の「邦丸ジャパン」に、シングライクトーキングの佐藤竹善がゲストで出演していました。
佐藤竹善がAMラジオに出るっていうのもかなり珍しいと思ったのですが、どうやらこの番組の月曜日担当アシスタントの石川真紀アナウンサーが、学生の頃からシングライクトーキングのファンで、ツイッターをはじめるにあたり、佐藤竹善のフォロワーになったのがきっかけだったらしいです。

この番組には、野村邦丸アナウンサーが出来の悪い万年係長を演じる「野村係長」という、ホントにくだらない(笑)寸劇コーナーがあるのですが、2年ほど前に佐藤竹善が偶然このコーナーを聞き、「なんだこりゃ〜!」と思ったらしく、それから頻繁に聞くようになった、とのこと。
そして、番組のホームページを見て石川アナのことを知っていたところに、その本人からの書き込みがあったことから話が進み、「ぜひ番組に」ということになったんだとか。
野村係長がこのラジオを聞くきっかけになったから、っていうのもあるのでしょうが、この寸劇にも佐藤竹善が本人役で登場していましたよ。
本人も認めるセリフ棒読みでしたけど(笑)

そして番組の中で、シングライクトーキングが7年半ぶりにグループとしての活動を再開し、3月9日に先行シングル「Dearest」、4月6日にアルバム「Empowerment」を発売する、と言っていました。

シングライクトーキングが活動を再開する!
それを聞いただけでワクワクしてきちゃいましたよわーい(嬉しい顔)

もちろん佐藤竹善のソロアルバムも聴いてはいましたが、シングライクトーキングの音楽となるとまたちょっと違うんですよね。
先行シングル、「Dearest」が番組の中でかけられたのを聴きましたが、いかにもシングライクトーキングらしいミディアムテンポのオシャレな曲でした。
アルバム、絶対買いますよ〜!
アルバムが出るまで我慢できなかったら、シングルも買っちゃうかも・・・A(^_^;)


そういえば、この番組の中で、あの箱根駅伝の「山の神」と言われた柏原選手がゲスト出演していたのですが(箱根駅伝担当だったアナウンサーが、優勝大学を外した罰として柏原選手を呼ぶことを約束させられていたので)、絶対出演しないだろうと言われていた中で、この番組に出演するに当たって条件をつけてきた(のか、うまい餌をつけたのか)らしいです。

その内容が、声優の花澤香菜に会わせる、ってことだと聞いて、なんか力が抜けたというか、あんなにすごいアスリートでも、普通に男の子なんだな〜、と思いましたね。
レース前には大して緊張しないらしいですが、彼女に会う前には緊張しすぎて、このまま帰ろうかと思ったらしいA(^_^;)
なんか、ちょっと微笑ましい一面を見た気がしました(笑)
posted by あきやん at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Music

2011年02月13日

実家に残した課題をクリア

またまた実家のPCの調子が悪いということで、実家に行ってきました。

症状としては以前と変わらないようだったので、しうたんさんに教えていただいた最後の手段、メモリーの交換をすることにしました。
DDR2−SDRAMの2GBを2枚購入し、祈るような気持ちで差し替え。
これでダメなら、最初から組みなおすしかないのであせあせ(飛び散る汗)

結果、見事直りました!わーい(嬉しい顔)
しうたんさん、ありがとうございますm(__)m
とりあえず、長いこと引きずっていた課題を一つクリアすることができました。

たったこれだけのことで直ってしまうとは、前回、まるまる2日かけてやってきたことは何だったのかA(^_^;)


それともう一つ、実家の2階にはBSアンテナが設置してあって、2階のテレビではBSデジタル放送を見られるようになっています。
少し前に、1階にある父の部屋にもデジタル液晶テレビを購入したのですが、BSアンテナからの配線をしていなかったので、せっかくのBSデジタルチューナーを使えない状況だったのです。
電気屋に頼もうかという話もあったのですが、やり方自体はさほど難しいことでもないので、私が配線をすることにしました。

BSアンテナからすぐのところで分配器をつけて、ひとつを2階の今までのケーブルを接続。
もう一つのところに10メートルのアンテナケーブルを接続し、外を経由して1階まで伸ばし、普段は開けることのないテレビに最も近い窓に、すきま用のケーブルを接続(壁に穴を開けたくなかったので)。
そこからテレビにアンテナケーブルを接続すると、あっけないほどに簡単に映りました。
10メートルもあるケーブルを使ってしまったので、アンテナレベルの減衰とかがあるかもしれないと思っていたので、苦労せずに映ってくれたのは助かりました。
ケーブル自体、実際に配線してみたら10メートルも必要なかったですし(苦笑)

1階のテレビでBSが見られるようになって、両親もすごく喜んでくれたので何よりでした。


とりあえず、実家の方で「何とかしなくちゃ」と思っていたことをクリアすることができて、自分としてもスッキリしましたね〜晴れ

たまたま電話がかかってきた千葉のおばあちゃんとも、ものすごく久しぶりに話すことができたし、今日実家に行けてホントに良かったです。

そして、帰りにとしまえんのユナイテッドシネマズに寄って、マクロスフロンティアの映画の前売りを購入して、帰ってきました。
いよいよ公開が2週間後。
また、公開初日に観にいきたいと思っています。

今日は、結構充実した1日でしたね〜
posted by あきやん at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | PC

2011年02月07日

バーレーンって、何語?



ユーチューブに、面白いムービーを見つけました。
バーレーンのサッカー中継の映像のようなのですが、実況がところどころ日本語にしか聞こえません(笑)

「冷房ボタン勝手に押さないで〜!めっちゃ風邪ひいて〜ん!」
とか(笑)

最初から最後まで爆笑させられましたよ。


あと、もうひとつ。



昨年の女子U−17女子ワールドカップで生まれた、日本代表横山選手の5人抜きゴール。
すごいです。男子にもこういう若手が出てきて欲しいですね。
posted by あきやん at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

iPad購入

DSC009590001.JPG

突然ですが、iPadを購入しました。
きっかけは嫁さんが、「お風呂でもインターネットを使いたい!」と言い出したことでした。

お風呂でって・・・今でもPSPを使えばできなくはないけど、あまりに遅くて実用には耐えないのは間違いない。
可能性があるとしたら、iPadくらいしか・・・
でも、iPadなんて買ってもそんなに使うかな?
それくらいに考えていたのですがA(^_^;)

まぁ、ノートパソコンのほうも少々調子が悪くなってきたし、手軽にインターネットを使えるツールとして、あって悪いことはないだろうと考え、購入することにしました。

基本的に、持ち歩いて外で使うということは無い(そもそも、携帯のiモードすらほとんど使っていないし)ので、購入してきたのはWi−Fiモデルの64GBタイプ。
購入してきてから、どういうふうに使うのかを勉強しだしたのですが・・・これはスゴイですね!

一番良い点は、起動が速いこと。
そして、画面を自由自在に拡大できること、ですね。
今のところ視力は全く落ちていないので必要ないのですが、この拡大機能って、歳を重ねて視力が落ちてきたときにものすごく効果を発揮するんじゃないかと思います。

購入してきてそのまんまでは、できることもそう多くはないのですが、やりたいと思うことに合ったアプリをインストールすれば、それこそ使う可能性は無限大に広がる感じです。
当然のことながらiPodのように音楽を聴くことにも使えるし、本を読む代わりに使うこともできる。

そんな中でも、自分的にこれはスゴイ!と思ったのは、PCや、NASに保存してあるMP4ファイルを再生できるAir Videoというアプリ。

うちのシステムでは、PC、もしくはNASに入れてある映像ファイルは、テレビでもPCでも視聴できるようになっているのですが、これをiPadでも見られるようになるというのは結構すごいことです。
それこそ、お風呂につかりながらビデオを見るということも普通にできてしまいますし。

この、PS3とPCを中心としたうちのAVシステムについては、そのうちブログに詳しく書きたいと思っているのですが、書き始めると長くなりそうなので躊躇してしまっていますA(^_^;)


iPadを使い始めて1週間、今のところうれしい驚きの連続です。

まぁ、数少ない問題点といえば、Deleteキーが無いことと、割と頻繁にネットワークから切断されることですかね〜
ネットワークは、ネットワークの設定を更新すれば再接続できるので大きな問題ではないのですが、多少面倒に感じるのはたしかです。
あと、ウィンドウズで言うエクスプローラーみたいなものがないので、PCからのデータの移動は全てiTunesを通じて行う、というのもちょっと面倒ですが。

でも、もっともっと、どうやって使うことができるのかを調べてみようと思っています。
きっと、まだ知らない機能もあるのだろうと思うとワクワクしますね(笑)
posted by あきやん at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | PC

2011年02月06日

最近の状況

今年に入ってすでにひと月が経過してしまっているのですが、仕事の状況といえばものすごく忙しかったり、ほんのちょっと余裕があったりの繰り返しです。
「ほんのちょっと余裕のある状況」が、ちょうどサッカーのアジアカップが佳境に差し掛かったところにあたってくれたのは本当にラッキーでしたけどA(^_^;)

そして今週は、その「ものすごく忙しい状況」で、しかも土曜日には取引先の先生方との食事会があり、その時間までには何としても仕事を上げないといけない、という切羽詰まった状況でした。

今週はそれ以前にも、連日午前2時帰りだったので体力的にもギリギリな感じで、酒なんか外で飲んでいる場合じゃないと思っていました。
正直、何とか仕事を上げることができて、駅まで走って電車に乗り込んだときには、眠気と疲労で足元がぐらつくほどでしたが(苦笑)

ここ数年、年始に取引先の先生方と「新年会」ということで食事の席をご一緒させていただいているのですが、いろいろと勉強になりますね。
話をしているときには、疲れとか眠気とか一切感じることなく、楽しい時を過ごすことができました。

まぁ、帰りの電車の中ではヒザがガクガクしてましたけど(苦笑)

今日行った店は、身内に歯医者を紹介するときには必ず紹介するところの先生が教えてくれた、タン料理を中心とした、四ツ谷にある「忍」という店でした。
正直、「タン」という素材を使って、あれだけ料理のバリエーションがあるとは思いませんでした。
しかも、どれをとっても本当に美味しい!
今まで持っていた「タン」に対する認識が全く変わってしまいましたよ。

さて、来週も・・・忙しそうだなぁ・・・
休みとか、関係ないんだろうな〜たらーっ(汗)
posted by あきやん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事