2011年03月23日

セルジオ越後コラム

ここのところ、ブログに何を書こうとしても、何か自分の中で引っかかるものがありました。
こんな時期に、こんなこと書いたら不謹慎なんじゃないか、とか、こんなこと書いている場合じゃないだろう、とか。

でも、今日読んだセルジオ越後のコラム、これにはジ〜ンときて、書かずにはいられませんでした。


今、日本に何が必要か。被災地への義援金、節電、物資の救援。やらなければならないことは山ほどある。一方で、この国の経済活動をきちんと回すこともしなければならない。

経済活動、つまり血の流れを止めてしまうと、本当に日本が沈没してしまうかもしれない。だから、元気な人は、行動するべきだ。それぞれの立場で、どんどん働くべきだ。停電で3時間しか働けないなら、3時間だけでも働けばいいじゃないか。働けない人たちの分まで仕事を増やすのだ。使えない人の分までお金を使うのだ。いっぱい仕事をして、いっぱいお金を生んで、飲みに行って、お金を落として、税金を納めて、どんどん経済を回すべきだと思う。

自粛とは、休むことと同意だよ。元気な人が休んだところで、被災者にとって何の役にも立たない。ニュースを見て心を痛めるのは理解できる。でも、ニュースを見て心を痛めることが復興につながるのかな。

残念ながら、君がいくら涙を流したところで被災者は救えない。社会活動に貢献することこそが、被災地を助けることになるのだと思う。


(中略)

1人負傷者が出たからといって、勝負を諦めるのか? 10人でも勝利を目指して戦い続ける、倒れた人の分まで走るのが、サッカーだ。

悲しみを超えて、みんなで立ち上がろう。(了)



ちょっと、涙が出そうになった。
思っていたことを全部言ってもらった気がした。

東日本全体が電力不足に苦しんでいるときに、自己の利益のために必要以上に電力を浪費するなんてことは、どう考えてもナンセンスだけど、自粛ムードに乗って過度に遊びを控えたり、外食を控えたりするのはちょっと違うんじゃないかと思っていました。

それらを生活の糧にする人も多くいるのであって、そのこと自体が何の意味も無いんじゃないかと思っていたので・・・

さして被害があったわけでもない都市部で、米、パン、カップラーメンなどの買占めが起こったことには、正直、あまりの想像力の欠如に悲しい気持ちにもなりましたが・・・

ある程度正常な生活をおくれる環境に恵まれたものは、過剰な購買行動、自粛行動に縛られることなく、普通に日常をおくるべきなんだ、と、あらためて思わされました。


誰かが怪我をしてしまったら、他のメンバーが、今以上の働きをすればいい。
サッカーのアジアカップで日本代表が見せたように。

大事なのは、怪我をした人々のことを忘れてしまわないこと。
たとえ報道が、その矛先を変えたとしても、関心を持ち続けること。
復興を確かなものにするまで、サポートする気持ちを忘れないこと、だと思います。


文化放送の、「大竹まことのゴールデンラジオ」で言っていました。

「金のある奴は、金を出せ。知恵のある奴は、知恵を出せ。何もない奴は、元気を出せ!」

いささか乱暴な気もしますが、間違ってはいない気がします。


自分には金も知恵もないので、とりあえず元気を出すしかない、ですね。
もちろん、募金はしますけど。
posted by あきやん at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年03月14日

腰を痛めた(+_+)

今日、ちょっと重いものを軽い気持ちで持ち上げようとしたら、腰に「ピキッ!」という痛みが。

軽いギックリ腰だとおもうのですが、時を追うごとに痛みが強くなってきて、まっすぐ背中を伸ばして歩くことができなくなってしまいました。
まぁ、こればっかりは安静にして時が過ぎるのを待つしかないのですけどね。
全く動けないくらい重いものでなかったのが不幸中の幸いといったところでしょうか(^_^;)


話は変わって東京電力の計画停電についてなのですが、板橋区についての情報がいまひとつはっきりしないので戸惑っています。
新聞などの情報では、計画停電の区画には板橋区は含まれていません。
しかし、東京電力のサイトでは板橋区が含まれているのですが、自宅と職場がある町はリストの中にありません。

自宅の方は停電したとしても何とでもなるのですが(日中は全く使わないので)、仕事場の電気が使えないということになるとかなり深刻です。
仕事の性質上、3時間かけて電気炉を上げる必要があったりするので、電気が使えないということになると全く仕事になりません(ーー;)

あらかじめ、この時間は使えないということがわかっているのであれば対処のしようもあるのですが、明日どうなるかわからないというのはちょっとツライものがありますね。

原子力に限らずあれだけの数の発電所が正常に動いていない状況からすると、仕方がないことではあるのですが、明日の予定が決まらないというのはさすがに不安ですね。
なにせ、取引先は計画停電エリアに含まれていないところに多くあるものですから、こちらの事情など考慮に入れてもらえない可能性もあるので・・・
posted by あきやん at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年03月12日

無事です

昨日の地震のときは、仕事場にいました。
揺れが大きくなってきたので、出口を確保した上で、重い機械が落ちそうになるのを必死で押さえながら揺れが収まるのを待ちました。

仕事場が1階だということもあり、立っていられないというほどの揺れではなかったのですが、自宅が11階なのでかなり大きな揺れだったことが予想できたので、仕事を中断して自宅を見に行きました。
見に行く途中、自転車をこぎながら町並みを観察していた感じでは、特に店の中で物が散乱しているという様子もなかったので、「大したこと無かったのかな?」とか思っていたのですが・・・

自宅に戻ってみると、大変なことになっていました。家中の引き出しが全開、窓も全開。
観葉植物は全て倒れ、床は土やら小石がばら撒かれ、素足では歩けない状態。
オーディオのスピーカーは落下して、寝室のテレビも落下。
とにかく、高いところに置いてあった物はほぼ全て床に散乱していました。
そして、PCのモニターはなぜか、デスクの上で逆立ちしてました(苦笑)

ちょっと様子を見て仕事場に帰るつもりでしたが、とてもこのまま放置することはできない状態だったので、とりあえず嫁さんが先に帰ってきても危険が無いくらいまでは片付けておこうと思ったのですが・・・

その状態にするまでがかなり大変でした。
食器棚の中でグラスが割れ、さらに陶器の皿が落ちそうになった状態で扉が半開きになって止まっていたので、そのまま扉を開いたら、皿と割れたグラスが頭の上から降り注ぐという最悪な事態にもなりかねなかった(ーー;)
扉をひとつひとつ、開けたとたんに物が落ちてこないことを確認してまわり、余震が起きたときに危険になりそうなものは、低い位置に全て移動。
ぶちまかれた小石や土を片付け、散乱したものをひとまとめにして、とりあえず部屋の中を歩けるようにして、終了。
結局1時間半くらいかかりました。

それから仕事場に戻り、23時頃まで仕事。
この時点で、土曜日の仕事はフルにやらないと終わらないことが決定。

そして今日、仕事をしていると、取引先から「今日の荷物が届いていない」と電話が。
配送業者に問い合わせをしてみると、「今日はとても配送できず、明日以降の配達になります」とのこと。
さすがに今日は地震の影響が大きいらしく、どの配送業者も軒並み荷物の配送が滞っていたみたいです。
そりゃあこれだけの大事があった時なんだから、仕方がないだろうと思って取引先にその旨を連絡すると、半ば怒りモードで「配送会社の連絡先を教えてください!」

ほんのちょっと離れたところでは完全に日常生活が壊れ、生きるか死ぬかの状態に置かれているというのに、たまたま日常の生活をおくれているところにいる、というだけで、日常と少しでも違うことを許容できないということに、すごく違和感を感じてしまいましたね・・・

とりあえず、両親にも連絡がついたし、一番心配だった仙台市若林区に住む友人の無事も確認できたので、一安心です。

とにかく今は、一人でも多くの生存者の救出と、福島原発が大ごとにならないことを祈るのみです・・・
posted by あきやん at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常日記