2012年04月09日

桜めぐりその2

今日は、まず近所を散策。
ちょっと早いかな、と思いながら、毎年注目しているハナモモを見に行きました。

DSC01509.JPG

DSC01511.JPG
予想に反して、赤い花を咲かせる木は特に、すでに満開の状態になっていました。
同じ木に赤、白の入り混じった花を咲かせる「源平」という種類のハナモモはまだまだこれから、という状態ではありましたが。

来週あたりが見ごろかもしれないので、時間があれば見に行くつもりです。

DSC01526.JPG
そして、近所のさくら。
今がまさに満開、でしたね。
もうちょっと日が高い時に行っておけばもっとちゃんとした写真も撮れたんでしょうけどA(^_^;)

夜になり、「キャンディ・サクラナイト」と銘打って昨日、今日と入園を無料開放していたとしまえんに行ってみました。

DSC01537.JPG
としまえんは自分にとって地元中の地元であるにもかかわらず、園内の桜を見に行った記憶がほとんど無いという不思議な場所でもあったので、ある意味新鮮な気持ちで見てまわることができましたね。

DSC01548.JPG

DSC01549.JPG

DSC01563.JPG
園内の一番桜の木が多いエリアにはバーベキューコーナーが設置されていて、煙をモクモクと上げながら皆さん宴会をやっていました(笑)

これだけ煙を上げて、桜は大丈夫なんだろうかと思ったりもしましたが(苦笑)
光景としてはシュールな感じがしましたね。

DSC01589.JPG

実家のまさに目の前であるとしまえんで、こんなイベントが行われていたとは知りませんでした。
灯台下暗しとはまさにこういうことを言うのかもしれませんA(^_^;)


ただ・・・
昔の記憶からすると、としまえんはかなりエリアを縮小して、規模の小さい遊園地になっていますね。
都立公園として都に買い上げられるという話もあるようですし、こういったイベントもいつまで続くかわからないな、と思いました。

昔好きだった昆虫館も、日本庭園もすでに無くなってしまっていましたし・・・子供のころ頻繁に遊びに行っていた場所が、大きく変わってしまっているのは少しさびしい気持ちにはなりました。

ひとりでこういう所を歩くっていうのもそう無い機会だと思って、出店に出ていたケバブサンドを食べてみたのですが・・・食べ終わってしばらくすると、気持ちが悪くなってきました。
考えてみれば自分、油の多い肉とか食べると気持ちが悪くなることがあるんだった・・・(-_-;)

まぁ、一度は食べてみたいと思っていたものだったので、いい経験ではありましたが。
posted by あきやん at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年04月08日

桜めぐりその1

DSC01451 (1).JPG
今週末が花見の絶好のタイミング、ということで、何ヶ所か桜を見に行ってきました。

この日は、しだれ桜のライトアップをやっている、六義園へ。
六義園に到着すると・・・チケットを購入するために、100m近い行列ができていました。
到着したのが8時過ぎだったので、閉門の8時半までに入園できるか心配しましたが、なんとか閉門5分前に滑りこむことができました。

DSC01458 (1).JPG

DSC01485 (1).JPG

DSC01500.JPG
これが1本の木とはとても思えないほどの大きさと、迫力!
六義園には紅葉を見に来たことはあったものの、桜を見に来たのは初めてだったのですが、圧倒されましたね〜

ただ、ライトアップされているのはこのしだれ桜だけと言ってもいいくらいなので、閉園時間の9時までの30分で時間的には充分でした。

「あれだけ行列を作っていた人達が、全員この場にいるとは思えないな〜」と思うくらい、人は多いながらも充分自由に動ける感じでしたね。

DSC01505.JPG
入園するときは、行列がさばけるのが早いだろうと思って正門まで回りましたが、帰りは園の中を歩いて、より駅に近い、通常は閉門されている染井門へ。
うす〜くライトアップされていて、ちょっといい雰囲気でした。
posted by あきやん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年02月26日

タイムカプセル?

DSC014190001.JPG
東京都から、東京都育英資金の返還完了通知書が届きました。

専門学校に行っていた4年間、本科2年、実習科2年と東京育英資金のお世話になっていて、そのうちの本科分の返還が終了した、という通知でした。

その中に、18歳当時記入した借用証書が入っていたのですが・・・
字がヘタクソなのは今も変わりませんが、あまりに幼い字で(苦笑)自分で見て恥ずかしくなってきましたよA(^_^;)

当時は郵便番号が3桁だったり、電話番号が7桁だったりと、あらためて時代を感じてしまいます。
ちょっとしたタイムカプセルが届いた気分ですね〜

あと2年したら実習科分も終わり。
あらためて、無利子でこんなに長いことお金を貸してくれた東京育英資金制度ってありがたかったな〜、と思います。

DSC014150001.JPG

アマリリスが、一気に5つも咲いてしまい、頭でっかちになってバランスが取れなくなってしまいました(笑)
もうひとつの鉢に支えられて、かろうじて立っている状態ですね。
こんなに一気に咲くものだとは思いませんでしたよA(^_^;)
posted by あきやん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年02月18日

配達のついでに

今日は、かなり久しぶりに祝日ではない土曜日に仕事を休むことが出来たのですが(へんな言い方A(^_^;)
前日の宅急便の集荷までに仕事が終わらなかったので、御徒町まで配達に行ってきました。

せっかくここまできたのだから、ついでにと思って湯島天神まで行ってみることに。
さすがに2月中旬も過ぎているし、少しは梅が開花しているんじゃないかと期待して行ったのですが・・・

DSC013840001.JPG
驚くほど咲いていませんでした。
開花どころか、つぼみも膨らんでいない状態。
あの分だと、あと2週間くらいは咲かないんじゃないかとA(^_^;)
満開になるころには、梅祭り終わっちゃいますよ(苦笑)

まだまだ受験シーズンは続いているようで、熱心に絵馬にお願いを書き込む受験生の姿も見かけましたね。
DSC013680001.JPG


家では、正月に近くのケーヨーデーツーで買ってきたアマリリスが早くも咲きました。
買ってきた時点で芽が出始めていたとはいえ、あまりに早くてビックリ(笑)
こちらは、2年前に育てたアマリリスと同じ、「アフロディーテ」という品種。

DSC013990001.JPG

お付き合いでクロネコヤマトから買った、もうひとつのアマリリスはまだまだ発育途上です

こちらは、「エクスポーサー」という品種で、全く違う花を咲かせてくれるそうなので、どんな花が咲くのか今から楽しみですね〜
posted by あきやん at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年02月11日

お墓参り

今日は、22年前に亡くなった高校時代の友人、中嶋のお墓参りに行ってきました。

22年前の今日、突然いなくなってしまったアイツ。

毎年とは言わないまでも、命日には思い出して、「アイツのお墓、どこにあるんだろうな〜」って思っていましたが、22年経って初めて、命日にお墓参りをすることができました。

しかも今日は、生前よく3人で夜通し遊んだyoshiくんと一緒に。

もみちゃんと再会できたことで中嶋のお墓の場所を知り、それをyoshiくんにも伝えることが出来たことは、本当に良かったな、と思いましたね。

去年の夏にもあそこには行きましたが、その時とは違った感慨がありました。


あの時、自分たちは20歳。
その年齢以上に歳を重ねていることが、信じられない気持ちにはなりますが・・・


きっと、アイツのことは、生涯忘れない。
生きている誰かが覚えていることが、その人が確かに生きていた証になると思うから。


生きている時には知らなかったことを、20年以上経って初めて知ったりするんだから、人生って面白いですね。


叶わないこととは思いながら、本人に聞いてみたいことが山ほどあります。
ま、それは自分があっちの世界に行ってからの楽しみにしますかねぇ・・・
posted by あきやん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年01月03日

ようやく

DSC013610004.JPG

3日にして、初めて日の出を見ることができました。
しかも、朝焼けもなかなか綺麗で・・・

今日は、嫁さんの実家に新年のご挨拶。
嫁さんの実家の愛犬、ヨークシャテリアのチロちゃんは、12歳とはとても思えないくらい元気で、相変わらず人なつっこくって癒されましたね〜

ちなみに、昨日は自分の実家へ行ったのですが、こちらは両親と兄夫婦、弟ファミリーと自分たち2人の10人と、兄の愛犬マロンちゃん1匹が勢ぞろいでした。

DSC013130001.JPG
お洋服を着て、マフラーを巻いた凛々しいお姿(笑)
チロちゃんにしても、マロンちゃんにしても、人なつっこくてかしこい犬はいいですね〜!
溺愛する気持ちもわかりますよ。

そして、弟夫婦の娘たち、これがまたかわいい・・・揺れるハート
下の娘は1歳そこそこなのに、ぐずったりしないでニコニコしているし、上の娘は3歳とはとても思えないくらい会話もしっかりしていて、ひょっとすると、3歳の時の記憶をしっかり持ったまま大人になるんじゃないか?と思うくらいしっかりしています。
ちゃんと人の目を見て「あけましておめでとうございます」って言えてたし・・・

先日の叔父の古希祝いの時にいとこの息子さんたちと接しても感じたけど、最近の子供って精神的な成長が早いんだろうか?と思ってしまいますね。
自分が子供の頃なんて、(記憶もないけど)たまにしか会わない人に対してちゃんとご挨拶ができたとはとても思えない(苦笑)

日頃子供に接する機会なんてないから、こういうときには色々気づかされることがありますね〜
posted by あきやん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2012年01月01日

今年は・・・

DSC012800004.JPG

明けましておめでとうございます。
2012年、今年もよろしくお願いします。

今年は、こちらに引っ越してきてから初めて、初日の出が見られませんでした。
起きてはみたものの、雲が厚くてこんな感じに。

DSC012780004.JPG

東京スカイツリーのちょっと左から日が昇ってくるはずだったんですけどね〜

仕方がないので初日の入り(そんなのあるのかな?)を撮影に行ったのですが、こちらも地平線近くの雲が厚く、タイミング的に少し遅くて、見ることはできませんでした。

でも今日は、ほとんど風が無かったので水面が非常にきれいで、色づいた空が見事に反射してなかなか美しい光景でした。

色々カメラの設定をいじりながら撮影したのですが、結局普通にシーンセレクションの夕焼けモードで撮ったのが一番綺麗に撮れていたのにはガックリたらーっ(汗)
トップの写真がそれです。


年が明けていきなり強い地震があったりして、不安なスタートでになりましたけど、今年は良い年であって欲しいですね。
posted by あきやん at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年12月31日

今年も終わり

DSC012370004.JPG

もう、2011年も終わりですね。

今年は、自分にとっては意味のある1年でした。
日常としては、例年と同じく仕事に追われる毎日で、特に変わったことがあったわけでもなかったのですが・・・

なにより大きかったのは、高校時代の同級生、もみちゃんに再会できたことでした。
彼女と再会できたことで、当時彼女の彼氏で、自分にとっては親友だった中嶋のお墓がどこにあるのかを知ることができました。

そして、ブログには書きませんでしたが、8月には彼のお墓参りをすることができました。

ブログに書こうとも思ったのですが、何と言っていいのかわからなくて・・・
実際その場に立っても、いろんな気持ちが心の中を渦巻いて、整理がつけられなかったので。

ただ、自分の心(人生)の中で、宿題のように残っていたものを・・・一区切りすることができたかな、という気持ちにはなりました。

過去の自分と、今の自分の違いをあらためて見直す機会になったし、自分ってなんなんだろうと考え直させられましたね。

でも・・・今の自分だってたいした人間じゃないし、いろいろ悩んでいるのは今も昔も変わらないんですよね。
ホント、成長ないなぁ・・・(-_-;)


ひとつ、すごく嬉しかったのは、子供の頃からずっとお世話になっているおじさんの、古希祝いに参加することができたことです。
それこそちっちゃい頃から仲良くしていたいとこののりちゃんから連絡があったときには、参加することしか考えていませんでしたよ(笑)

叔父さん夫妻はもちろん、のりちゃん、ひろちゃん姉妹とその家族と久しぶりに、もしくは初めて会うことができて本当に嬉しかったし、楽しかったです。
ああいう機会は、この先も数多くあるといいな、と思いますね。


私的なことで大きかったのは、液晶テレビを購入できたことです。
去年の大晦日にも書いていましたが、HDMI入力を備えたテレビを購入することは、自宅のAVシステムを完成させるための大きな1歩でした。

しかも、購入した液晶テレビは、現状考えられる中で最高のものでした。
タイムシフトマシンは、今まで考えられないようなテレビの使い方ができますし、47型という大きさも、自宅の環境にはこれ以上考えられないくらいベストフィットなものです。

あとは、うちのAVシステムを完成させるために必要なものは、B&Wのスピーカーの性能をフルに引き出すことのできる、HDMI入力を備えたAVアンプだけ、ということになりましたね。


自分にとって2011年がいい年であったのかどうか、ということについては、微妙な感じです。
大きい1年であったことは間違いがないのですが・・・

もちろん、東日本大震災もありましたし、とてもじゃないけど良い年とは言えない、ということもありますけれど・・・


せめて2012年は、日本の庶民として幸福を感じられる年であって欲しい、と思いますね。
皆さんにとっても、良い年でありますように・・・
posted by あきやん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年11月05日

古希祝い

DSC011370006.JPG

今日は、小さい頃からず〜っとお世話になっている叔父さんの、古希祝いでした。

いとこののりちゃんの策略で(笑)、サプライズでうちの父、母、兄、兄嫁、そして自分が参加するということになっていたのですが・・・

そういう登場の仕方に慣れていない我々、
「始まる前にトイレとか行って、会っちゃったりしたらマズイよね」
「どのタイミングで入ればいいのかな?」
「入場の音楽をかけたりして(笑)」
「偶然を装ったほうがいいのかな?」
「あ、間違えました!とか言いながら入るのも面白いかもね(笑)」
など、色々考えたりもしましたがA(^_^;)

結局「あ、間違えました」が採用となり(笑)、その大役は叔父さんの兄であるうちの父がやることにぴかぴか(新しい)

叔父さんにも喜んでもらえたみたいで、本当に良かったです。

久しぶりに会ったいとこののりちゃん、ひろちゃん、ひろちゃんの旦那さん、そして、初めて会ったのにそんな気がしないのりちゃんの旦那さんと会えて、本当に楽しい時間をすごさせてもらいました。

こういう、親戚との楽しい会合というのは、本当に貴重だと思います。
歳を重ねるごとに、顔をあわせるのは不幸があったとき、ということになりがちですし・・・

それぞれ忙しい日々をおくっているので、全員が顔をそろえるのは難しいことではありますけど、こういう機会はこれからも多くあるといいな、と思います。

今回はうちの弟ファミリーと、うちの嫁さんが参加できなかったのが残念でしたが、そう遠くない時期にみんなで顔を合わせる機会が作れると良いですね〜


叔父さんが挨拶の中で、
「あきやん(もちろん名前で呼ばれているけど)に10年前、『叔父さんは人のお祝いとかを企画したりするのが好きで、得意だけど、自分が祝われるのは苦手ですよね』と言い当てられた」と言われ、「あ、そういえばそんなこと言ったな・・・」と思い出しました。

そんなポロッと言ったことをよく覚えてくれていたな〜、と、ちょっと嬉しかったですね。

叔父さんは、本当に自分達兄弟が小さい頃から可愛がってくれて、家族ぐるみで旅行に行ったり、本当に楽しい思い出ばかりで・・・
自分が結婚した時に、嫁さんと一緒に幕張のホテルに招待してくれて、幕張のホテルをいろいろ案内して廻ってくれて・・・それが今の、嫁さんのインテリアに対するこだわりの原点になっているんです。

心から尊敬する叔父さん、本当にこれからも元気で、500歳とは言わないけど(笑)長生きしていただきたいです。


のりちゃんの息子、なおと、ひろちゃんの息子、ハムイチとは久しぶりに、ひろちゃんの次男、三男とは初めて会ったのですが、驚きました。
何に驚いたって、ものすごく仲がいいんですよ!
うちも男3兄弟だったのですが、男3人集まって、仲良く・・・っていうのは記憶に無いですね(苦笑)

うちの場合は、姿形も、性格も、タイプもまったく違う男3兄弟だったので、母はそれはそれは大変だっただろうと思いますがA(^_^;)

あの子たちは、子供ながらも相手を尊重している感じが受け取れるし、まだ幼少の身なのに、自分達に照らし合わせると恥ずかしいくらいに大人だな〜、と思いました。

きっと、自分たちよりもっと相手を思いやれる、いい3兄弟(なおを含めると4兄弟かも)の関係を築いていくんだろうな、と思いましたね。

もちろん、うちの3兄弟の関係は悪くないし、むしろ良いと言える関係だと思うのですが、あの子たちを見ていると・・・無限の可能性を感じます。
今後も、彼らの成長を見続けたくなりましたよわーい(嬉しい顔)


今日は、本当に楽しい時間をすごさせていただきました。
近いうちに、弟ファミリーも含めて集まる機会があるといいな、と思いました。

男家系と女家系が完全に入れ替わったところで、男系のいとこの息子さんたちと、女系の弟の娘さんたちを会わせるのも面白そうですし(^_^)

近いうちに、そんな機会に恵まれることを願って・・・

posted by あきやん at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年09月04日

血圧計購入

DSCN16000001.JPG

休み中に受けた健康診断で高血圧だと言われたので、日常的に血圧を測ってみようと思い、血圧計を購入してきました。

購入したのは、オムロンのHEM−7420

やはり、計ってみると少し高血圧気味なのは間違いないようです。
特に、最低血圧が高い傾向にある感じ。

調べてみると、最高血圧が高いよりも、最低血圧が高い傾向がある方が、健康を害する危険性は高いとのこと。

う〜ん・・・
何に気をつければいいんだかたらーっ(汗)
posted by あきやん at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年08月21日

健康診断

休み中に、学校を卒業してから初めて健康診断を受けに行ってきて、昨日診断結果が出ました。

一番心配していたC型肝炎が陰性だったのは良かったです。
一応、B型肝炎については大学にいたときにワクチン接種を受けていたのであまり心配していませんでしたが・・・C型についてはワクチンが無いですから。

C型肝炎は、通常の生活をしている方にはあまり感染の危険の少ない病気ですが、私は不特定多数の人の血液に接する機会がある仕事をしているので、陰性とわかってひと安心しました。
まぁ、もちろん感染しないように、予防処置はしているんですけど。


検査の日、私は検査をするのはB、C型肝炎と、大腸がん検診だけだと思っていました。

板橋区から送られてきた検査証を持って、うちのマンションの1階にできた内科に行くと、
「もうひとつ、板橋区から検査の封筒が届いているはずなんですけど、ありませんか?」
と言われ、うちに戻って探してみると・・・ありました。

それを持って病院に戻ると、肝炎、大腸がんの他に、普通の健康診断、メタボ検診もうけることになりました。

あの〜、こんなことになるって知らなくて、フツーに食事とかしちゃっているんですけど、大丈夫なんでしょうか?

とは思っていたのですが、案の定。
中性脂肪値が、基準を大幅に上回った数値が出てしまいました。
まぁ、この数値はアテになりませんね・・・
中性脂肪値なんて、食事をすれば当たり前に上がってしまうものですから。

他には、少し血圧が高め、と言われました。
血圧が高くて高脂血症となったら、すっかり中年です(苦笑)

その他には、気にするほどではないが、心拍に少し異常があるとか。

あ、もちろんメタボ判定は「非該当(リスクなし)」でしたよ(笑)


まぁ、基本的にはそんなに気にするような検査結果ではないと思いますね。
血圧が高めなのはちょっと気にしておかないといけないかもしれませんが・・・

生活習慣的にどうすればいいのかはよくわかりません。
これから調べてみますかねぇA(^_^;)
posted by あきやん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年07月31日

「ガイアの夜明けに」・・・

110731gaia.jpg

26日に放送していたのを録画してあった、テレビ東京日経スペシャル「ガイアの夜明け」を見ていたら、江口洋介が板橋区に取材に来ていました。

「これ、ウチのマンションが写ってる!」
と言われ、よく見てみると・・・たしかに見慣れた景色がA(^_^;)

医療用ハサミのメーカーが、こんなところにあるとは思いませんでしたよ(笑)
っていうか、普通の家にしか見えなかったあせあせ(飛び散る汗)

それにしても、言われるまで気がつかないとはA(^_^;)
左の建物がウチのマンションですね。

posted by あきやん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年07月18日

なでしこJAPAN

なでしこJAPAN、すごいことをやってのけましたね。
ワールドカップで優勝なんて・・・男子を基準に考えていたら、今の段階では絶対にありえない快挙です!

以前から女子サッカーを追っていたわけではなく、ほんの数試合見ただけなのでえらそうなことを言う資格はないですが・・・
とにかく、基本的な技術がしっかりしているな、というのが印象でしたね。

あと、女子サッカーは、体格的、スピード的な違いで男子に比べると比較的ピッチのスペースが大きく、肉弾戦になりにくいのかもしれないな、と思いました。
アメリカの1点目、カウンターからやられてしまったのは、完全にフィジカルコンタクトでマークを外されてしまっていましたけどA(^_^;)

それでも、世界ランクトップのアメリカ戦を含めて、全試合ボールキープ率で相手を上回ったというのはすごいことです。

フィジカルに勝る相手に、コンタクトをさせずにボールを前に運ぶサッカー。
それは、男子も含めて日本人が世界で勝つために欠かせないサッカーのスタイルですよね。
それを見事に実践して、優勝という結果を残したというのは素晴らしいことです。

次は、男子の方にも頑張ってほしいと思いますけど・・・
男子の場合は、プレスもきつくなってスペースもなくなるし、やはりフィジカルを強化していかないと厳しいでしょうね。
今は海外に出て行く選手が多くなっているので、近いうちに体の大きい選手に対してもフィジカルで負けない選手が増えていくでしょうから、期待はできると思います。

それにしても、なでしこJAPANには驚かされましたね・・・
先に得点されても、時間がなくなってきても、焦って試合運びが雑になるようなことがまったくありませんでした。
あの精神力、本当にすごいと思いますね・・・

そして、PK戦の前、円陣を組んだ中で、監督も、選手も笑っていました。
正直、あんなシーンは初めて見ましたよ。
PK戦の前に笑っていられるなんてあせあせ(飛び散る汗)

アメリカの選手が、「他のチームに優勝されるより、日本が優勝して良かった」と言っていたそうですね。

負けて、相当に悔しいであろうなかで、そう言わしめるだけのサッカーをしていたと思います。
見ている人にも、何かを訴えかけるものがあるサッカーを。

本当に、陳腐な言い方かもしれないけど、「ありがとう」と言いたい。

やる前には可能性が0%のことでも、あきらめずに頑張れば結果は出るかもしれない。
そう思わせてくれたのは、まぎれもなく彼女たちからの、日本人へのかけがえのないプレゼントだと思います。

ホントに、お疲れさまでしたぴかぴか(新しい)
posted by あきやん at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年05月23日

21年ぶりの再会

今日、先日mixiで再会した、もみさんと会ってきました。

彼女は高校1、2年と同じクラスで、高校時代女性と会話するのも苦手だった自分にとって、自然に話すことができる特別な存在でした。

でもまぁ、いろいろあって・・・
自然に話すこともできなくなり、それぞれ卒業してからは、全く別々の人生を送ってきたわけです。

高校時代の親友が彼女と付き合っていて、その親友が二十歳の時に不慮の事故で死去。
彼が亡くなった病院の霊安室で会ったのが、自分の中では最後のイメージでした。

それだけに、元気に暮らしているのを知っただけでも嬉しかったのですが、よもやこうして再び会うことができるとは・・・本当に、嬉しかったですね・・・


高校生当時、自分が知らないところでどういう話がされていたのか、とか、20年以上経ってから聞かされても冷や汗が出るような話を聞かせてもらいましたA(^_^;)

それと、高校時代の親友が亡くなる前後の、詳細な話を聞かせてもらったのが・・・なんともつらくてたらーっ(汗)

本当に彼女は、つらい役回りをひとりで引き受けてきたんだということを知りました。

・・・少しくらい分けてくれても良かったのに。
また、それができるのは自分しかいなかったのに・・・
何もできなかった自分に対して、歯がゆい気持ちにはなりましたね。


それ以外では、意外に高校の時の自分は女の子に人気があったと今さらながらに言われ、
人生最大のモテ期を、全く気づくことなく終えていたということが判明(-_-;)

まぁ、モテたからどうってことでもないんですけど、今になって考えるともったいない気もしたりして(苦笑)


なんといっても、こうして再び会って、話ができるということが自分にとっては奇跡のようなもので・・・
本当に嬉しく、貴重な時間をすごすことができました。

親しく話をしていたのが高校1、2年の時で、その時感じた自分の印象を聞いて、「なんだ・・・今と全く変わらないじゃないか・・・」と思ったことは内緒です(笑)

まぁ、昔に比べれば度量の範囲も広がっただろうとは思うけど、本質的には変わらないんですね〜

今、彼女は自分の夢に向かって努力している途中です。
自分は、心からそれを応援したいですね〜

がんばれ、もみちゃん!
ストレスがたまって飲みたくなったら、また付き合うよ!(笑)
posted by あきやん at 02:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年05月22日

久々の河川敷

DSCN13920002.JPG

今日はちょっと早く仕事が終われたので、久しぶりに河川敷に走りに行ってきました。

・・・が、最後に走ったのは正月あたり・・・だったかなぁA(^_^;)
あまりに久しぶりすぎたのか、ちょっと走ろうとすると左足のひざの外側が痛みだします。
ひざを支える筋肉が落ちてしまっているのでしょうね・・・

今は花粉も飛ばなくなり、ジョギングをするには最適な気候でもあるので、可能な限り鍛えなおしたいです。
今はどういうわけか仕事の入り方が不安定で、一瞬すごく暇かと思ったら次の日には猛烈に忙しくなっていたりと、読めない状況が続いてはいるのですが・・・

これだけ衰えているのを実感すると、さすがに危機感が募ります。
なんとか、時間を作らなくては!
posted by あきやん at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年05月09日

VF-25F メサイヤバルキリー完全変形モデル

DSC010360002.JPG

何とか、1/72 VF−25メサイヤバルキリー アルト機 3形態完全変形モデルのプラモデルを完成することができました。

色を塗るか、シールで済ませるかで悩んだのですが、結局、シールでは透けてしまうところはプラカラーで塗装して、ラインのきれいさが求められるところはシールで済ませることにしました。

いやぁ、プラモデルに色を塗るなんて作業は・・・子供のころはプラカラーを購入する財力が無かったし、記憶にございません、って感じです。
実際にやってみると、思った以上に難しいですね。
やっている途中で、仕事場に行って20倍のマイクロスコープを使いたくなりましたよ(笑)

なにせ、綺麗なラインを描くことが難しい。
水性のプラカラーを購入してしまったからかもしれませんが、基本的に水気が多く、なかなか均一に塗ることが難しかったというのも、難しさに拍車をかけました。

まぁ、器に出してしばらく放置すれば、水気が飛んでちょうどよくはなるんですけど・・・
慣れないと、そのタイミングもつかみづらかったりして。


この、3形態完全変形モデルのプラモデルを作りながら一番感じたことは、

「こんな変形メカニズムを考えた人は・・・天才だ」

ということと、

「こんな変形メカニズムを、プラモデルとして実現させた人も、天才としか言いようがない」

ということでした。

このプラモデル、例えば全てのパーツを先に切り出して、そこから初めてスタートしてくみ上げられる人はほとんどいないと思います。
とにかく変形させるための可動パーツが多く、パッと見何のためにあるのかがわからないパーツが半分近くあります。

それでいて、接着剤も使わずに、組み上げるだけで出来上がるその精密さには、さすがに感心せざるを得ませんね。


ただ・・・
やはり、変形機構が複雑すぎて、変形させようと思うと一苦労です。

DSC010410002.JPG
ファイターからガウォークは比較的簡単ですが、バトロイドに変形させるとなると大変です。

DSC010440002.JPG

このプラモデルを作るの、本当に大変でした。
でも、その代わりに、よくわからなかった、このバルキリーの変形機構を理解することができました。

まぁ・・・しばらくはプラモデルは作らなくてもいいかな、という気持ちにはなりましたね。
複雑な変形をするものは特にA(^_^;)
posted by あきやん at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年05月05日

「証(あかし)」

日曜日に放送された、NHKのMUSICJAPAN。

そこで、今年のNコン(NHK合唱コンクール)の中学生の部の課題曲、Flumpoolの「証(あかし)」が、被災地から参加する中学生のドキュメントとともに、Flumpool+合唱の演奏で放送されました。

自分は3年前、アンジェラ・アキの「手紙〜十五の君へ」が課題曲だった時のドキュメント、本大会を見てから、興味を持って観るようになっていたので、「へ〜、今度の課題曲はこれか〜」と思いながら聴きはじめたのですが・・・

すごい名曲!
この時期、涙なくしては聴けない曲ですね。
不覚にも、涙がボロボロ出てきました。

この曲、基本的には「卒業ソング」にあたる曲だと思うのですが・・・
震災のことを重ね合わせると、これまた心に響いてきて・・・

この曲が、震災前に作られたということが信じられないくらい、今の時代、聴く人に前向きな力を与えてくれる曲ですね〜

YouTubeで探したら、混声三部合唱の「証(あかし)」を見つけることができました。



歌詞は、こちら

久しぶりに、新しい曲で「名曲」と言える曲に出会った気がします。
今年のNコン、注目していこうっと!
posted by あきやん at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年05月04日

YF−29 デュランダルバルキリー

今日は、kbtさんと飲みに行きました。
驚くべきことに、今年に入って初めて会ったので、当然あいさつは

「明けましておめでとうございます(笑)」

1/3はすでに過ぎちゃっていますけどね〜わーい(嬉しい顔)

話を聞いただけでも、相当に忙しかったみたいで・・・
自分なんて、忙しいといったってかわいいものだと実感します。

こんな世間の情勢の中で、忙しく仕事ができるっていうこと自体がありがたいことだ、とは思うんですけどね・・・
それにしても、彼の忙しさは普通の人では確実に体を壊すレベル。
この先も、忙しさが改善される見込みはないようなので心配ではありますがA(^_^;)

まぁ、あれほどのタフガイですから(笑)
自分みたいな凡人レベルでは計り知れない体力を持った人だし、大丈夫でしょう。

でもまぁ、もうちょっと頻繁に会えるくらいにはなるといいですね〜

久々に、楽しい時間を共にできて嬉しかったですよ。


飲みに行く前、今日は一日、プラモデルを作っていました。
連休の暇つぶしになればと思ってアマゾンで注文していたものが、今日届いたので。

今日作ったのは、劇場版マクロスフロンティア〜サヨナラノツバサ〜に登場する、1/100 YF−29デュランダルバルキリー ファイターモード。

DSC010340006.JPG

プラモデルを作ったこと自体が何十年ぶりくらいだったのですが・・・今のプラモデルはすごいですね。
接着剤なんていらないし、色もおもだったところはあらかじめついているし。
ほとんど、組み立てて、シールを貼るだけ。

ただ・・・
やはり、色はちゃんと塗装したほうが綺麗にできると思います。
色のついたパーツに白いシールを貼っても、下の色が透けてしまうんですよね。


作っていて、思ったこと。

・・・仕事でさんざん物を作っているのに、休みの日にもこんなの作っているなんて・・・
結局、こういうの好きなんだな、ということ。

やっぱり、細かい作業をしていると夢中になれるし、楽しいんですよね〜


実は、今回アマゾンから届いたプラモデルはもうひとつあります。
それは、マクロスフロンティアの1/72 VF−25 メサイアバルキリー完全変形版。
こちらの方は、完全に変形するだけあって、パーツの数も10倍近くありますあせあせ(飛び散る汗)
あれだけ複雑な変形が、プラモデルで実際にできるのかを確かめたくて、つい購入してしまいました。

作るにしても、どうしよう・・・
プラカラー買ってきて、塗装するか?
そこまでするのも面倒な気もするけれど・・・
posted by あきやん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年04月29日

イタタタ!

28日、夜11時を過ぎた頃・・・

折れた模型を直そうと、低粘度の瞬間接着剤を使おうとしたところ、これが出てこない。

固まっちゃったか〜?
と思ってちょっと押してみると・・・

「プシュッ!!」

「うわっ!!!!」

飛び出した瞬間接着剤が、左目を直撃!

とっさに目を閉じたものの、「マズイ!まぶたが開かなくなったらシャレにならない!」と思い、急いで目を開けました。

良かった、目が開いた、と思ったのもつかの間、眼球に瞬着が流れ込んだのか、左目に激痛が!

もはや、目を開けていても、閉じていても、眼球の上で鋭利な異物がゴロゴロ転がるような激痛あせあせ(飛び散る汗)

涙をボロボロ流しながら、まぶたで固まった瞬着をピンセットではがし、眼球に瞬着の固まりが付着していないかをチェック・・・したのですが、見当たりません。
それでも痛みはとれず、しばらくは仕事にならない状態。

1時間ほどすると、少しずつでも目を開けられるようになってきたので、とりあえず残った仕事を切りの良いところまで片付けて、仕方ない、続きは明日やるか・・・と思って白衣を脱ぎ、仕事を切り上げようとしたところ・・・

どうやら最近子供を産んだらしい、この子が外で待っていました。
DSC010310001.JPG
ゲッソリやせ細って、アタマに10円ハゲを作っているその姿を見ると、そのまま放って帰るわけにもいかず・・・
エサとミルクをあげたのですが、この子は食べるのが遅いんだっ!
仕方がないので、もう少し仕事を先に進めることにしました。

お願い、来るならもうちょっと早く来てよ・・・猫

あと、お願いだから人の顔を見てすぐ、「シャーッ!」て言うの止めて。
「シャーッじゃない!、シャーッじゃ!」と言うと、力なく「ニャア〜」って言い返すんだったら、最初からそう言ってほしいわ(笑)

で、結局仕事が終わったのが1時半。
相変わらず左目は痛い。

くそぉ〜、世の中ゴールデンウィークだというのに、明日も仕事だ〜!!


それにしても、こんな小さい目に向かって、何だってこんなに正確にヒットするんだか(-_-;)
それでなくても一重のまぶたが、上下とも腫れあがって無残な状態になってしまいましたよ。

でも、眼球に傷はついていないみたいだし、視覚には影響がなさそうなのでひと安心です。
この商売、目は生命線なのでねぇ・・・
posted by あきやん at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年04月23日

懐かしい

昨日の夜、mixiにメッセージが届いていました。

「はじめまして。あの…左利きでバスケ部で入学式の時に新入生代表で挨拶した?クラス担任は西田→玉田→3-Eだったかな?」

・・・大当たりです!
それだけ知っていれば間違いなく高校時代の知り合いです。

ニックネームで、ひょっとしたら・・・
と思ってはいたのですが、誰かを教えてもらったら、予想通りでした。

高校時代、極めて少数しかいなかった女性の友人。
1年のときクラスメイトで、ちっちゃくてかわいかったんだ〜ぴかぴか(新しい)

最後に会ったのがすごく悲しい場所だったので、その後どうしているのかず〜っと気にかかっていたんで、元気にしているのがわかってすごく嬉しかったです。

こんな再会って、mixiに入ってなかったらありえなかったろうな〜!
今までだったらきっと、お互いがどうしているのかも全く知らないままだったと思うし。
そういう意味ではいい世の中になったと思いますね。
posted by あきやん at 21:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常日記