2010年06月08日

LBOレディースボウリングツアー

昨日BS−Japanで放送されていた、「LBOレディースボウリングツアー2010第1戦」を見ました。

DHCが中心になって新しい団体を立ち上げるらしいという話は聞いていましたが、実際にトーナメントが開催されるまでになっているというのは、HDDレコーダーの予約一覧の中にリストアップされているのを見たことで初めて知りました。

DHCが、ボウリング業界を見限ったわけではなかったんだということがわかったのは、1ボウラーとして嬉しい気持ちがあります。
しかしまあ、それでなくても縮小傾向にあるボウリング業界にとっては、ちょっと複雑な事態になってしまったな〜、と思わざるを得ませんでした。

当然のことながらJPBAは、スター選手が流出したら存亡の危機にさらされるのは間違いないだけに、傘下のプロボウラーにはLBOに参加させないでしょうし、影響力の及ぶ範囲で、LBOの活動がしにくいように圧力をかけることになるでしょう。
(例えば、ボウリング場協会加盟のセンターではLBO所属選手の出入りや練習を制限したり、プロチャレを開かせないとか)

でもきっと、多くのJPBA所属のプロボウラーは、LBOへの参加に少しは心が揺れるはずです。
何といっても、賞金が高い!
LBO発足記念大会であるエキシビジョンマッチの賞金総額が3000万円(優勝賞金600万円)と、JPBAでは到底出せない賞金であったこともありますが、たった2戦終了時の賞金ランキングトップが1000万円。
JPBAの大会で賞金を獲得したことがあるかわからないような選手の獲得賞金が、すでに200万円をこえているのですから、すぐにでも移籍したい選手はきっといるでしょう。
極端な話、メーカーとの契約も、センターのしがらみもなく、シード権も無い選手にとって、移籍しない理由が見当たらないくらいです。
そして、昨年までのDHCツアーがそうだったように、BS−Japanでテレビ放送されるのも、プロとしては重要なことでしょう。

ただ・・・
問題は、LBOは歴史が浅く、ほぼ1企業によって支えられている団体であるだけに、うまくいかなければ撤退され、自身はボウリングで生きていく術を失うリスクがあること。
それでなくても先にも書いたように、プロボウラーとして必要な練習場所や、プロチャレ等の活動にも制限がかかる可能性もあります。

また、業界として深刻だと思うのは、JPBAとLBOとが反目しあうのは仕方の無いことだとしても、両団体に所属するプロボウラーの間にまで、敵対心のようなものが波及するようでは、こんなにもちっぽけな業界の中に悪影響が及ばないはずがありません。
ヘタをすると、プロ業界を支える存在であるはずの一般的なボウラーが、ボウリング業界を見限るきっかけにもなりかねないですし・・・
何より、そんなギスギスした業界に、憧れる若い世代なんているはずがありません。

ここはひとつ、JPBAは所属選手がLBOツアーにも参加することを認めてくれませんかねぇ・・・
スター選手が両方のツアーに参加すれば、現状ではおそらくツアー全戦で決勝ステップラダーの顔ぶれが同じになりそうな、LBOの選手層を厚くし、テレビで放送するコンテンツとしての質を劇的に向上させることができると思うのです。
そしてまた、JPBAにとっても、高い受験料払って、苦労して合格して、高い年会費を払っているのに、トーナメントに出場することも出来ない会員に、少しでもボウリングで食べていける可能性を示すことが出来るのではないでしょうか?

そもそもJPBAは、高い年会費を払わせて会員になってもらっておきながら、活躍する場を充分に提供できないというのでは、会員に対して申し訳ないと思わなければいけない立場でしょう。
会員を食べさせてもいけないのに、さらにその可能性を摘み取るようなことをする資格をもつほどのことを、JPBAはしているんだろうか・・・?

どちらの団体にも言えることですが、プロボウラーという職業が、若い世代にとって憧れの存在になり得るように、少しでも輝いて見えるように演出するための、最良の策を取って欲しいと思います。

ファンにしても選手にしても、下の世代を育てなければボウリング業界に未来は無いのですから。
posted by あきやん at 01:44| Comment(3) | TrackBack(0) | Bowling

2009年11月08日

練習

今日は師匠とボウリングの練習をしました。

今、自分としてはボールを持たないシャドウボウリングで作ったイメージのフォームを、数少ないボールを持った練習ですり合わせていく、といった感じでボウリングをしている状態なのですが・・・

フォームを撮影して確認したりは全くしていないので、思い描いているイメージと、実際にどう投げているのかの客観的な違いと、問題点についてはなかなか自分自身ではわからないものなのです。

しかしながら、さすがにボウリングを1から教えていただいた、全幅の信頼を置く方にアドバイスをいただくと、そこを意識しただけで格段に自分のイメージに近づく感じがして、今まで感じたことが無いくらいの好感触で投げることができるようになりました。

・・・とはいえ、その感触を常に再現できないのがもどかしいところ(苦笑)

ただ、練習としては久しぶりに、とても内容の濃い練習をすることができました。


それと先日購入した、kbtさんと同じの全く滑らないギザギザソールを使ってみたのですが、全く違和感はありませんでした。
かえって、しっかり止まってから投げられる分、換える前よりも感じとしては良かったですね〜


今のトミコシでは、ハンデがあったとしても打ち切れる実力が無ければ上位に食い込むことが不可能な状態になっているので、ゲーム数とかハンデとか、結果は一切考えず、あせらずに自分のボウリングを作りあげていきたいと思っています。

まぁ、自分が思うように投げられるようになったとしても、上位に食い込むことは不可能なくらい、今のトミコシのレベルは高すぎますけどねあせあせ(飛び散る汗)
posted by あきやん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Bowling

2009年07月16日

DHCがボウリングから撤退?

DHCサプリ

先週末にプロボウリング協会のホームページを見て知ったのですが、DHCがボウリングのスポンサーから撤退、本年度の残り2戦が中止になってしまったようです。

何があったかは知りませんが・・・
シーズン途中で撤退することでの、企業としてのイメージダウンを覚悟した上で撤退を決めたということから推測すると、ひょっとしたら何かスポンサーを続ける上での問題が起こったのかもしれませんね。
DHCのテレビCMの本数が今までどおりか、それ以上になっていることから見ても、業績悪化とかではないでしょう。


それにしても・・・DHCの撤退はボウリング業界にとって痛すぎます。
プリンスツアーが縮小された(というかツアーという形式が無くなり)のと入れ替わるように始まったDHCツアー。
毎年のようにトーナメントが少なくなっていく危機的な状況のプロボウリング業界において、救世主的な存在でした。

ただプロのトーナメントを開催する、ということにとどまらず、DHCの功績は、職人的で地味なイメージだったボウリングに、華やかなイメージを持たせることに成功したこと。
それと何より、これからのボウリング界を背負うであろうジュニアボウラーに華やかな舞台を経験させることで、彼女たちに夢を与えたこと!

これらの功績は本当に大きかったと思います。

こういったボウリング界への素晴らしいスポンサードに一票投じる意味でも、サプリメント類はDHCのものを購入していたんですけどね〜


・・・でも、シーズン途中でのスポンサー打ち切りというのは・・・どういう理由があるかは知りませんが、できれば避けてほしかったです。

シーズン途中で、すでに予定されていたプロのトーナメント2戦を中止。
そして一番罪深いと思うのは、11月に予定されていたジュニアボウラー日本一決定戦まで中止にしてしまったことです。
若い世代にせっかく与えられた夢の舞台を、こうもあっさりと取り上げてしまうなんて・・・

予定されたトーナメントを全て開催した上で、契約満了でのスポンサー打ち切りであればまだ将来的に希望を持てたかもしれないのに。

これまでのボウリング界への功績は計り知れないと思いながら、この手のひらを返したような冷たい仕打ちは何なんだろうと思わざるを得ないんですよね・・・

できることなら、何があってこうなったのかをちゃんと知りたいですね。

それによってこれからもDHCの商品を購入するか、2度と買わないかが決まるかもしれません。


・・・本音を言うと、DHCにはこれからもボウリング界の救世主であり続けてほしいと心から願っているんですけどね・・・
posted by あきやん at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling

2009年06月22日

ボール、いただきました(^^ゞ

レッドアラートプロエディション

今日のボウリングの日記念大会。
優勝者と、B/Bの人にボールがプレゼントされるという変わった大会でした。

その大会で、見事にボールをゲットしてしまいました。

・・・もちろん、B/B賞で(苦笑)


前日のバスケで、今日も見事に筋肉痛。
足の運びがメチャクチャで、ボールがどこに行くかわからない状態でした(ーー;)

バスケをやっても筋肉痛にならないくらいにはならないと・・・

さすがにブービー争いをするのは気持ちのいいものではないので(苦笑)


それでも、2年半ぶりのニューボールを手に入れることができたのは素直に嬉しいです。

現状では使えるボールが名和プロのお下がりのレブスピードブレイカーしか無かったので・・・ちょうど今日、ザ・ワンも割れちゃいましたし(T_T)


トレーニングもしつつ、バスケもやりつつ、ボウリングの練習もできる時間が欲しいですね・・・
posted by あきやん at 00:25| Comment(5) | TrackBack(0) | Bowling

2009年04月20日

2年3ヶ月ぶりの200アベ(苦笑)

今日の「ケーゲルトーナメント」

結果が196、256、164の616。

・・・なんと、大会では2年3ヶ月ぶりの200アベ越え(苦笑)

まぁ、そのうち2年近くは投げてさえいなかったから仕方ないことではありますがA(^_^;)

最近、投げるの自体は週一なのですが、感じとしては徐々に良くなってきつつあります。

足の運びに問題がなくなって、サムの抜けの不安定ささえ何とかなれば、もうちょっとまともなボウリングになるかもしれないという感じがしています。


おそらく今まで、やろうとしていることに対して脚力が足りていなかったんだろうな〜、と痛感しますね。

とにかく今は、なんとか時間を作って、ジョギングなどで脚力を鍛えられるようにがんばっていきたいです。

・・・先週は全く時間が取れなかったですけど(苦笑)

ようやく花粉症の時期も脱しつつあるし、気候的にもちょうど良いのでとにかく体を動かしたい気持ちになっていますね。
posted by あきやん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Bowling

2009年03月08日

復帰第1戦

久しぶりに大会に参加してきました。

4Fで投げたの自体が久しぶりでしたが、この日のコンディションがまた、4種類あるパターンの中で一番速いタイプ。
今まで練習で使っていたレブスピードではグリップが甘くて使えなかったので、古いアブソリュートを使うしかありませんでした。

このボールは他のボールとドリルが違うので(古いから)、久しぶりに投げたらサムの抜けが悪くて調整に手間取り、2ゲーム半ばには親指の付け根の部分に血マメができてしまい・・・
3ゲーム目が始まってすぐ、血マメが破れて流血もうやだ〜(悲しい顔)

源太さんに水バンで治療をしてもらい、ボールをレブスピードに変更して投げたのですが・・・恐ろしいほどレーンコンディションに合わない(苦笑)
痛みが出ないように投げるのに慣れるまでに時間がかかったり、ことごとくスプリットになったりでボロボロな結果に(ーー;)

まぁ、最初はこんなもんでしょう。
大会の雰囲気を感じられただけで良かったんじゃないでしょうか。

投げの練習にはならなかったのが残念でしたけど・・・
posted by あきやん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling

2009年03月02日

形は見えてきた

今日も練習。

練習をしていると、源太さんが見に来てくれて、「1歩目が右に出ているので、その後ボールに振り回されてバランスを崩している」という指摘を受け、そこを修正。
最初はやりにくく感じたものの、徐々に慣れてきて、ビデオで見直してみてもそれ以前より格段に良くなっていました。

源太さんには先週も、「後ろに立ちすぎていて、歩幅が大きくなりすぎることでアプローチが安定していないんじゃないか」という指摘を受け、それを修正することでかなり良くなってきた感じを受けていたのです。

・・・やはり、客観的に見てくれる人がいる練習というのは、いくらビデオで見直しながらとはいえ、ただ一人で練習するのとはワケが違いますね。
この2週間、ゲームとしては3ゲームずつしか投げていないのに、内容としてはものすごく濃い練習をすることができました。
源太さん、感謝!!


そんな中、自分としてはこういう風に投げたいと思っていた形が徐々に出来はじめ、ビデオを見直してみて「これは自分で考えていた形に近い」と思える投球がありました。

と、いうことで、久しぶりにムービーをアップしてみました。

まだまだ安定するには程遠い感じですが、イメージとしてはこの形で安定させられるようにしていきたいと思っています。
posted by あきやん at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling

2009年02月22日

来月から大会復帰

今日も、練習に行きました。

ここのところ数週間、毎週末1度はボウリングの練習に行っていて、だんだん感じとしては良くなってきました。

まだまだちょっとしたことでタイミングが大幅に狂ってとんでもない投球をしてしまうコトがありますが・・・
この日も1スペとか2回やっているし、なぜかシングルピンのスペアが取れない(苦笑)

でもまぁ、ある程度目指す方向も見えてきて、大会用レーンでない3Fで1人で練習するだけというのにも飽きてきたので、来月から大会にも出てみることにしました。

4Fで、しかも大会では久しく投げていないので、慣れるまでにしばらくかかるかもしれず、まわりの皆さんにご迷惑をかけるかもしれませんが、その際はご容赦を・・・あせあせ(飛び散る汗)


この日の練習前、大会で投げていた嫁さんの投球を見ていると、この前パーフェクトを出したえりちゃんのお父様に話しかけていただきました。

私と同じくお父様も「銀河英雄伝説」が好きだとのコト!

銀英伝話で盛り上がりそうなときに嫁さんに邪魔をされてしまったのが残念でしたが(笑)、嬉しかったです。

「銀河英雄伝説」って、日本のアニメ史上に残る超大作(映画3作、本編110話、外伝9編52話!・・・なのに地上波で全作放送されたことは無い)で、熱狂的ファンも多いにもかかわらず、なぜか多くの人には知られていない作品なんです。

私はこのアニメを見て(小説を読んで)ものの見方が大きく変わったし、人として生きる美学のようなものを思い知らされた、自分の人生の中で意味深いものになるであろう作品なので、その感性を共有できる人に出会えるというのはすごく嬉しいことなのです(^_^)

次の機会には、もっとお話できるとうれしいですね〜
posted by あきやん at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling

2009年02月09日

再開後5回目の練習

去年の年末にボウリングを再開してから、(たぶん)5回目の練習をしてきました。

未だ試行錯誤しながらの練習ではありながら、大体の方向性は決まってきた感じがします。

ただ、まだ大会に出るようなレベルではないかな・・・
今出たとして、アベは良くて160くらいといったところでしょう。

なにせリスタイもはずして、タイミングも変えて、しかも1年半ぶり。
安定性など望むべくもありません。

でも、今日の練習でわかったことがひとつ。

「投げに行っちゃいけない」

スウィングを安定させるためにも、ボールに回転をつけるためにも、スウィングのトップからリリースにかけては「振りに」いっちゃいけないんだな、と気づきました。


練習後、会計をしようとしていると、「お疲れさまでした〜!」と話しかけてくる好青年が。

・・・おぉ、この方は「キラースマイル」増田さん。

ま「あれだけ投げられれば、大会に出ても大丈夫でしょう」

あ「いやぁ、この無料ゲーム券を使い切るように指令が出ているもので・・・」
と、15枚あった(嫁さんが稼いだ)ゲーム券の束を見せると・・・

ま「それ、木曜日に稼いだものじゃないですか!」

あ「なんか、気前の良い人がいるらしいですね(笑)」

ま「次からは絶対渡さないと伝えておいてください!」

ですって(笑)
ホント、この人のキャラでこのセンターは持っているんだな、と思いますね。
この人に全権を与えたら、日本一のセンターを作りそうな気がするんですけど(笑)


とにかくもうちょっと練習して、せめて170アベくらいは打てるようになったら大会にも出てみようと思ってます。

体はだいぶ動くようになってきているし、そう遠くはないと思うのですが・・・A(^_^;)
posted by あきやん at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling

2008年12月29日

1年半ぶりの大会参加

今日、起き抜けに嫁さんに、

「アフタヌーンチャレンジに出ない?お得な大会だから!」

と言われ、ろくに考えることもできないまま大会に参加することになりました。

投げ始めて最初のうちは足もよく動いて、スペアの取りかたがわからなくなっていたことを除けば(苦笑)悪くない感じだったのですが・・・
前日ちょっとキツめにトレーニングをしたせいか、足がだんだん動かなくなってきて、タイミングがバラバラにもうやだ〜(悲しい顔)
「GスペGスペストライク」とか、ワケのわからないこともやってしまいましたよA(^_^;)
7人ボックスで集中力がたもてなくなっていたこともあって「早く終わってくれ〜」といった感じでした。


今日はもともとは、KBTさんと源太さんと練習をすることになっていて、大会終了後4ゲームほど練習。
そちらのほうではなぜか足も動くようになってきて、大会中よりはまともに投げることができました。
リハビリ中の身には、ある程度テンポよく投げられた方が良いのかもしれません。


練習終了後。

嫁さんと共同のロッカーに自分のボールをしまうと、明らかにスペースが余っていました。
嫁さんはすでに帰ってしまっていたので、ボールをどこかへ置きっぱなしにしているのは明らか。
まわりを見回すと、床にボールが2つ放置されていました。

嫁さんの方が頻繁にボールを使うから、取り出しやすくするために先に入れろってことかな・・・?
それにしたって、一言言ってから帰ればいいのに。

2つのボールをしまい、再度ロッカーの中を見ると・・・

何だか、漠然とした違和感が・・・

念のため、大会で投げていたボックスに行って見ると、ポツンと忘れ去られたボールがひとつ。

・・・二重の罠かっ!p(-_-;)

うちに帰って嫁さんに聞いたら、
「あっ!すっかり忘れてた!(^^ゞ」
ですって(-_-;)

1つや2つならともかく、いくらなんでも3つは忘れすぎだろ〜
posted by あきやん at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | Bowling

2008年12月21日

1年1ヶ月ぶりのボウリング

今日、1年1ヶ月ぶりに自分のボールを使ってボウリングをしてきました。

さすがにこれだけ時間があいてしまうと、自分の中でルーティンが全くなくなってしまっていて、
「つぎ、どうすればいいんだっけ?(@_@;)」
の連続。

自分がどういう風に投げられるのか全くイメージできない状態のまま、投げ始めるまではホント、震えがくるくらいドキドキしていました。

投げるうえで、ひとつだけ考えていたのは、
関根直子プロのタイミングを参考にしてみよう、ということ。
以前の自分だったら、マネしようにも足の運びがついてこないことが明白でしたが、今なら何とかなるかもしれない!と思ったのでした。

実際に投げてみたら、これが何の違和感もないのです。
ボウリングを中断する以前に一番問題だった、足の運びがもたつくこともなくスムースに前に出るし、一緒に投げてもらったkbtさんと源太さんにも「やめる前より良い感じで投げている」と言ってもらえましたわーい(嬉しい顔)

ダメダメなところも多いとは思ったけど、とりあえず感触としては悪くなかったのが嬉しかったですね。

これからも、すこ〜しずつ地道にやっていこうと思います。
posted by あきやん at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Bowling