2011年12月29日

仕事納め

ここ数ヶ月、本当に仕事が忙しくて・・・

特に今月に入り、月曜日に入ってきた仕事を見て、「これは・・・絶対に無理だ(-_-;)今週中に終わるわけが無い」と思う仕事量に、心が折れそうになりましたが・・・
我ながら見事な集中力で毎日2時半、3時半まで仕事をして、土曜日も仕事して、心身ともにボロボロになりながら何とか乗り越えてきました。

なんというか・・・久々に、年末らしい忙しさでしたね。
それでなくても忙しいのに、さらに急ぎの仕事が次々に割り込んできて、さらに追い込まれていく、という感じ(+_+)

正直、仕事以外何も出来ないし、やる気も出ないような状況でしたが、ようやく今年中の仕事を終えることが出来ました。

明日からは正月休み。
しばらく忙しかったし、少しはゆっくりしよう・・・と思っていたら、とある人物からphone toが。

うげぇ・・・自分なんかより、はるかに忙しく仕事をしてたのね(苦笑)

あんた超人だよ!
と言いたくなるくらいすごい働きかた。(半年休みなしってどーゆーこと!?)
睡眠時間だって、3時間もとっていないでしょうに(*_*)

それでいて、来年の東京マラソンに出るとか言ってるし(苦笑)
あんたにはかないませんわ、絶対に。
カラダの出来が違うとしか思いようが無い(-_-;)


彼だけでなく、同年代には自分と変わらないくらい忙しく働いている人が何人もいるんですよね・・・
少しくらい忙しくても、根を上げてもいられないな〜、と思わされます。

でもまぁ・・・とりあえず、疲れました。
正月休みくらい、少しはゆっくりと過ごしたいですね。
posted by あきやん at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | お仕事

2011年11月28日

REGZAがウチにやってきた!

DSC035710002.JPG

23日、TOSHIBA REGZA 47ZG2が我が家にやってきました。
組み立て、設置はヤマダ電機がやってくれたので、あっという間に終了。

手間取るかと思っていた配線も、今までのテレビではD端子とアナログオーディオ端子で接続していたところが、HDMIケーブル1本で接続できるようになったことで、驚くほど簡単にできたし、AVラックの中がケーブルだらけになっていたのがウソのようにスッキリしました。

まだ、AVセンターアンプにつなげるところには手をつけていないのですがA(^_^;)
とりあえずPS3とアンプが接続されているので、ブルーレイを見るときにはちゃんとオーディオシステムから音を出せるので、今のところはまあいいか、と。
でもやはり、テレビに録画してあるものをオーディオから音を出したい、と思うことが間違いなくあると思うので、正月休みにでもなんとかしたいですね・・・A(^_^;)


さて、設置してみて最初に思ったこと。
「このオーディオラック、もともとこれくらいの大きさのテレビを置くために作られているよな〜、きっとA(^_^;)」
バランスから見てもあまりにピッタリで、47型にして本当に正解でした。
視聴ポイントまで2メートルちょっとしかないウチの環境でも、大きすぎるとか観にくいとかいうことはまったくありません。

何と言っても、あまりに画面がキレイなことに驚きます。
特にブルーレイを視聴する時に思うのですが、今までの32型のプラズマでも充分キレイだと思っていたのがウソのように、まったく違う映像に思えるくらい鮮明で、発色が鮮やかな画面です。
ホントに、普通に地デジを見ていて、あまりのキレイさにCMに見惚れるくらい(笑)

早速マクロスフロンティアの劇場版ブルーレイを観てみたのですが、今までのテレビでは味わえなかった、劇場で観た時の迫力を思い出させてくれました。

ただ、あえて難を言えば、タテに画面が動く時に、画面が少し乱れるのがちょっと気になるかな・・・ってくらいですね。

音については、もともと期待してはいなかったですが、やはりスピーカーが独立していた今までのテレビよりも悪いです。
映画とかを観る時には、オーディオシステムを使うのが必須になると思います。


そして、このZG2の最大の特徴、タイムシフトマシン
これは・・・本当に素晴らしい。
基本的に夜中に帰宅することが多い自分にとって、日中に「あ、今日見たい番組があったのに、録画するの忘れてた」とかいう場合、今まではどうにもならなかったわけですが、あらかじめ6つのチャンネルを全て録画しておいてくれるこのタイムシフトマシンがあれば、まったく気にする必要が無いわけです。
番組の時間変更があったりして、予約がかぶって録画ができなかった、ということも起こりませんし。

また、その日に起こった事とかで、ニュースを確認しておきたいといった場合、夜帰ってきてから全てのニュースを確認する、ということも可能なわけです。

これは、本当にすごいです。
テレビというものの概念が変わってしまいそうです。
「あ、こんな番組があるんだ、録画しておいて後で見よう」から、
「あ、こんな番組があったんだ、今から観よう」ということになるのです。

ただ、観たいと思ったものをどんどん観てたら、確実に時間が足りなくなりそうですけど(苦笑)

このタイムシフトマシン、6つの地デジチャンネルを、1日のタイムテーブルすべてを録画しておくと、30時間分を録画することができます。
ただ、まったく観る可能性が無い時間帯の番組を録画していてもハードディスクの容量がもったいないので、(チャンネル指定はできませんが)曜日ごとに録画する時間を設定して使っています。
うちの場合は、今のところは平日は夜7時から夜中の2時、日曜日は朝も録画しておくように設定しました。
これでだいたい、6つのチャンネルを4日分録画しておいてくれる感じですね。

唯一の難点は、録画した番組をメディアに残したい場合、新しく東芝のレコーダーを購入するしかない、ということですね。
自分の環境であれば、DTCP−IPに対応するNASにダビングする、という手段もあるのですが、DTCP−IP対応のネットワークハードディスクってけっこう値が張るので・・・だったら安い東芝の対応レコーダーを買ってしまったほうが使い勝手はいいじゃないか、ということになってしまいます。

このタイムシフトマシン、理想としてはブルーレイレコーダーに搭載されるのがベストでしょうね。
と、思ったら、やっぱり出ますかA(^_^;)
レグザブルーレイDBR−M190
まぁ、購入する気は全く無いですけど。

とりあえず、レコーダーとトルネをうまく使って、テレビからダビングする必要が無いようにしていければ、ウチでは何の問題も無いと思います。


それにしても、本当に良い買い物をしました。
これ以上望みようの無い、最高のテレビを手に入れました。
間違いなく、壊れて使えなくなるまで買い換えたいと思うことは無いでしょうね。

とりあえず、数日使ってみた感想でした。
posted by あきやん at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2011年11月21日

TOSHIBA REGZA 47ZG2 購入

DSC034570001.JPG

ついに念願だった、リビングルームのテレビを購入しました。
購入した機種は、東芝のレグザ47ZG2

土曜日に池袋まで、価格的な下調べをしに行った時には、42型を購入するつもりでした。
交渉の末、価格的に納得のいく手ごたえを得て、帰宅。

それを嫁に話し、メジャーを使って実際にどれくらいの大きさになるのかを示したところ、今使っているプラズマテレビのサイズとほとんど変わらないことを知った嫁さんが、
「割と、テレビを購入して『もうひとサイズ大きくても良かった』って言う人が多いんだけど、どうなの?」

と言ってきたので、自分として考えられるところを言いました。
「おそらく、42型を購入すれば次に購入したいと思う可能性を感じるけど、47型はうちの環境の中では、望みうる最高の機種になると思う」と。

そして今日、実際にZG2の42型、47型を目の前にした嫁の反応。
「あ、こっちダメ。こっちにしよう。」
と、迷いも無く47型を購入することに決まってしまいました。

これは自分にとってありがたい決断というか、自分としてはこれ以上無い、今後しばらくはこれ以上のものは望みようも無いと思えるものでした。

と、いうことで、REGZA 47ZG2を購入することが決定。
あとは値段交渉、ですね。

あらかじめネットで価格調査はしていて、最安値は205000円だったので、その旨を伝え、今日現金を持ってきていて、購入することが決まっていること、価格を対抗店と競わせようと思っていることを伝えると、販売員の姿勢が俄然前向きになってきました。

基本的に自分としては、販売店に限界まで値下げをさせようと思うわけではないので、せいぜい価格ドットコムよりも安い金額になればいいだろう、と思っていたのですが・・・

販売員さん、かなり頑張ってきました。
ポイントを含めて実質200000円まで下げ、23日に納品してほしいというのを(本来出来なかったところを)特別枠まで使って配送してくれるというところまで手はずを整えてくれました。

そこまでしてくれるのであれば、お願いしようということで・・・
購入を決定しました。

23日に、REGZA 47ZG2が届くことになりました。

正直、感慨深いというか・・・こんなものを手に入れちゃったか、という気持ちですね。


ZG2の最大の特徴と言えば、タイムシフトマシンを搭載していること。
こればっかりは、実際に使ってみないと本当の良さはわからない気がします。

23日、到着するのが本当に楽しみです!
まぁ、オーディオを含めて配線をしなおすことを考えると、ちょっと気が重い気もしますけどね(苦笑)




posted by あきやん at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2011年11月05日

古希祝い

DSC011370006.JPG

今日は、小さい頃からず〜っとお世話になっている叔父さんの、古希祝いでした。

いとこののりちゃんの策略で(笑)、サプライズでうちの父、母、兄、兄嫁、そして自分が参加するということになっていたのですが・・・

そういう登場の仕方に慣れていない我々、
「始まる前にトイレとか行って、会っちゃったりしたらマズイよね」
「どのタイミングで入ればいいのかな?」
「入場の音楽をかけたりして(笑)」
「偶然を装ったほうがいいのかな?」
「あ、間違えました!とか言いながら入るのも面白いかもね(笑)」
など、色々考えたりもしましたがA(^_^;)

結局「あ、間違えました」が採用となり(笑)、その大役は叔父さんの兄であるうちの父がやることにぴかぴか(新しい)

叔父さんにも喜んでもらえたみたいで、本当に良かったです。

久しぶりに会ったいとこののりちゃん、ひろちゃん、ひろちゃんの旦那さん、そして、初めて会ったのにそんな気がしないのりちゃんの旦那さんと会えて、本当に楽しい時間をすごさせてもらいました。

こういう、親戚との楽しい会合というのは、本当に貴重だと思います。
歳を重ねるごとに、顔をあわせるのは不幸があったとき、ということになりがちですし・・・

それぞれ忙しい日々をおくっているので、全員が顔をそろえるのは難しいことではありますけど、こういう機会はこれからも多くあるといいな、と思います。

今回はうちの弟ファミリーと、うちの嫁さんが参加できなかったのが残念でしたが、そう遠くない時期にみんなで顔を合わせる機会が作れると良いですね〜


叔父さんが挨拶の中で、
「あきやん(もちろん名前で呼ばれているけど)に10年前、『叔父さんは人のお祝いとかを企画したりするのが好きで、得意だけど、自分が祝われるのは苦手ですよね』と言い当てられた」と言われ、「あ、そういえばそんなこと言ったな・・・」と思い出しました。

そんなポロッと言ったことをよく覚えてくれていたな〜、と、ちょっと嬉しかったですね。

叔父さんは、本当に自分達兄弟が小さい頃から可愛がってくれて、家族ぐるみで旅行に行ったり、本当に楽しい思い出ばかりで・・・
自分が結婚した時に、嫁さんと一緒に幕張のホテルに招待してくれて、幕張のホテルをいろいろ案内して廻ってくれて・・・それが今の、嫁さんのインテリアに対するこだわりの原点になっているんです。

心から尊敬する叔父さん、本当にこれからも元気で、500歳とは言わないけど(笑)長生きしていただきたいです。


のりちゃんの息子、なおと、ひろちゃんの息子、ハムイチとは久しぶりに、ひろちゃんの次男、三男とは初めて会ったのですが、驚きました。
何に驚いたって、ものすごく仲がいいんですよ!
うちも男3兄弟だったのですが、男3人集まって、仲良く・・・っていうのは記憶に無いですね(苦笑)

うちの場合は、姿形も、性格も、タイプもまったく違う男3兄弟だったので、母はそれはそれは大変だっただろうと思いますがA(^_^;)

あの子たちは、子供ながらも相手を尊重している感じが受け取れるし、まだ幼少の身なのに、自分達に照らし合わせると恥ずかしいくらいに大人だな〜、と思いました。

きっと、自分たちよりもっと相手を思いやれる、いい3兄弟(なおを含めると4兄弟かも)の関係を築いていくんだろうな、と思いましたね。

もちろん、うちの3兄弟の関係は悪くないし、むしろ良いと言える関係だと思うのですが、あの子たちを見ていると・・・無限の可能性を感じます。
今後も、彼らの成長を見続けたくなりましたよわーい(嬉しい顔)


今日は、本当に楽しい時間をすごさせていただきました。
近いうちに、弟ファミリーも含めて集まる機会があるといいな、と思いました。

男家系と女家系が完全に入れ替わったところで、男系のいとこの息子さんたちと、女系の弟の娘さんたちを会わせるのも面白そうですし(^_^)

近いうちに、そんな機会に恵まれることを願って・・・

posted by あきやん at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記

2011年10月25日

マクロスF劇場版完結編〜サヨナラノツバサ〜ハイブリッドBD、購入

macrossfsayonara.jpg

待ちに待った、「劇場版マクロスフロンティア 完結編〜サヨナラノツバサ」の、ブルーレイハイブリッドパックを購入しました。
もちろん、特典全部入りの「超時空スペシャルエディション」版を。

いつもと同じくAmazonで購入することも考えたのですが、できれば発売当日に手に入れたいと思ったことと、購入特典がつくことを考えて、職場の隣のファミリーマートに予約しました。

発売前日、19日は仕事が忙しく、仕事を終えたのが20日の午前2時。
つまり、日付としては20日になっているわけで、店に商品が届いていれば受け取ることはできるだろうと思い、ダメもとでファミリーマートに行ってみました。
すると、あっさり購入することができましたぴかぴか(新しい)

とはいえ、仕事が忙しかったので、見られたのは週末になってからでしたけどね(苦笑)

ファミリーマート特典も含めて、付いてきた生フィルムは下のふたつ。

macrossffilm.jpg
左が、出撃前のアルトにランカが告白するシーン、右が、フロンティアのアイランドワンがバジュラの母星に大気圏突入し終わったシーン。

・・・まぁ、「イツワリノウタヒメ」の時の、避難民がシェルターの中でおびえているシーンのフィルムに比べれば、まだマシかな、といったレベルですね。


あらためて見直してみて、本当にこの映画はすごかったです。
イツワリノウタヒメの方では、もう一回見ようと思ったときに「このシーンは飛ばしてもいいや」と思うところもあったのですが、この「サヨナラノツバサ」は、最初から最後まで飛ばしていいシーンがほとんど無い!

実のところ、すでに5回フルで見直しました(笑)
それでも飽きない!

全編、作画も素晴らしいし、音楽も、ストーリーも・・・
本当に、大満足でした。

テレビ版のマクロスフロンティアとはまったく違うストーリー展開になりましたが、はっきり言って自分としては、劇場版のほうが好きでした。
おそらく、今後「好きな映画は?」と聞かれたら、「マクロスフロンティア」と答えることになるでしょう。

今後しばらくは、このブルーレイを数え切れないほど見続けることになるのでしょうね(笑)

これほどの作品、ブルーレイで手元に残しておかなくてどうする、というくらいスゴイ映画でした。

まだ見ていない人は、前編「イツワリノウタヒメ」も含めて、ぜひ見てみることをお勧めします。

posted by あきやん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | anime